月刊ゴルフダイジェスト9月号では、年に1度の名物企画である「D-1グランプリ」を掲載します。そこで、過去の大会をプレーバック!今回紹介するのは、2013年大会。この年はいわゆる「やさしい」ドライバーが決勝トーナメントに名を連ねた大会でした。

3年前の大会というだけあって、現在まで続くシリーズが多数エントリーしています。皆さんが今使っているドライバーもあるのではないでしょうか。結果は・・・

全63モデルの中から予選を勝ち抜いてきた16本は以下のモデル。

ツアーステージ・ Xドライブ709 D450
マグレガー・マックテックNV
ピン・G25
ミズノ・JPX825
タイトリスト・913D3
プロギア・IDナブラ
ホンマ・ツアーワールドTW717 460
フォーティーン・CT-112
テーラーメイド・R1
キャロウェイ・Xホット
スリクソン・Z525
ナイキ・VR_Sコバ―ト
ヨネックス・アイ・イーゾーン
ヤマハ・インプレスX リミックス
ロイヤルコレクション BBD 105Vフォージド
マルマン・コンダクタープロ-X

画像2: 【動画】「D-1グランプリ」プレーバック!
”低重心”が活躍した2013年大会

外ブラエース対決

画像1: 外ブラエース対決

ベスト16の戦いの中で、今回はテーラーメイド「R1」ピン「G25」の対決をピックアップします。

テーラーメイド「R1」は、当時ツアーで使用する選手が多かった人気モデル。重く、低重心なヘッドから放たれるロースピンの弾道が魅力でした。対するピン「G25」は重心の低さ、重心距離、慣性モーメントにおいて、他のモデルとはかけ離れた数値を出す、特異な存在でした。

画像2: 外ブラエース対決

結果は、テーラーメイド「R1」が251ヤード(試打した3名の平均飛距離)だったのに対して、ピン「G25」は255ヤードを記録。シャローバックで高打ち出しの弾道の「G25」がランを稼ぐ「R1」を退けた。

ベスト8に残ったクラブは

ピン・G25
タイトリスト・913D3
フォーティーン・CT-112
キャロウェイ・Xホット
ナイキ・VR_Sコバ―ト
ヨネックス・アイ・イーゾーン
ヤマハ・インプレスX リミックス
マルマン・コンダクタープロ-X

”低重心”がこの年のキーワード

ベスト8の中でピックアップする戦いは、キャロウェイ「Xホット」対ヨネックス「アイ・イーゾーン」。

画像: ”低重心”がこの年のキーワード

つかまりが勝敗を分けた

結果は「Xホット」が248.3ヤードで、241.5ヤードを記録した「アイ・イーゾーン」を下した。勝因としては、試打した横田プロ曰く、「ヒール寄りにスウィートスポットがあるから、球がつかまりやすい」と分析。やさしさに定評があった「アイ・イーゾーン」でしたが、ここ一番でしっかり振れて、つかまったドローボールが打てる「Xホット」の勝利となりました。

決勝はタイトリスト「913D3」対ナイキ「VR_Sコバ―ト」

タイトリスト 913D3

タイトリスト「913D3」は、この大会で数々の難敵を撃破してきた完成度の高いドライバー。手強いイメージがあったタイトリストのドライバーでしたが、913になってからは万人が使えるやさしさを備えていました。意外にもタイトリストのドライバーが決勝進出したのはこの大会が初めてでした。

ナイキ VR_Sコバ―ト

対するナイキ「VR_Sコバ―ト」は、大会前は決して本命視されておらず、決勝進出も驚きの声が上がったほど。しかし、2007年大会でナイキの「サスクワッチ」が優勝した経験があるだけにその"潜在能力"は侮れない存在でした。

画像1: 決勝はタイトリスト「913D3」対ナイキ「VR_Sコバ―ト」

結果は、D-1史上初のプレーオフにもつれ込む大接戦。プレーオフの末、「VR_Sコバ―ト」が298.9ヤードを記録し、「913D3」の295.0ヤードを上回り、07年以来の栄光となりました。

画像2: 決勝はタイトリスト「913D3」対ナイキ「VR_Sコバ―ト」

勝負を分けたのは、”落ち際のひと伸び”。「913D3」はランが多く出たのですが、”落ちない棒球”でキャリーを伸ばすナイキの「VR_Sコバ―ト」には、一歩及びませんでした。

2013年大会を機に、やさしいドライバーに、安定感だけでなく、飛距離も求める傾向になったかもしれませんね。

優勝した「ナイキ・VR_Sコバ―ト」についてマキロイからコメントをもらいました↓↓↓

画像: D-1グランプリ2013優勝!「NIKEコバート」にローリー・マキロイから!! www.youtube.com

D-1グランプリ2013優勝!「NIKEコバート」にローリー・マキロイから!!

www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.