毎回、話題となっている新製品やツアーを湧かせているギアを徹底試打している「全力試打!ギア王」。今回はスリクソンの「新Zシリーズ」の「Z565 ドライバー」と「Z765 アイアン」の2本を打ってみたぞ! 世界で戦っている松山英樹も試打したとウワサされるニューフェースをさっそく見てみよう。

シリーズ1やさしい「Z565」でも操作性は抜群!

ヘッド体積は「460cc」と今どきのドライバーの標準の大きさ。ヘッドは全体的に丸みを帯びていて、大きく見える。前モデルの「Z545」と同様に大きく安心感のあるヘッドだが、「ボテッ」とした印象はなく精悍な顔をしている。

ソールにある「パワーウエーブソール」という波が低重心を実現する

反発力エリアが広くなったせいか、すごくフェース全体で弾いている感じがする。飛んでいく球も高弾道で、つかまったいい球が打てるように進化した。今どきドライバーだが操作性は高く振りやすくやさしいだけではない。

画像: Z565 ドライバー ●ロフト 10.5度 ●長さ 45インチ ●総重量 306グラム ●シャフト Miyazaki Kaula MIZU 5(S)

Z565 ドライバー ●ロフト 10.5度 ●長さ 45インチ ●総重量 306グラム ●シャフト Miyazaki Kaula MIZU 5(S)

しかも芯を少々外しても、飛距離のロスはあまり感じない。これはソールについた「パワーウェーブ」と呼ばれる波が大きく影響していると思われる。ソールの並に沿ってたわみ、低重心が維持される。球の吹き上がりも抑えられたロースピンの球を打つことができるぞ。

画像: 前モデルから平均して+4ヤード飛ばすことができるようになった

前モデルから平均して+4ヤード飛ばすことができるようになった

前モデルから引き継がれる構えやすく安心感のある顔と、新たな“波”の効果による優れた反発性能は、とても魅力的だ。

「Z765 アイアン」は見た目とやさしさのギャップがいい

新Zシリーズのアイアンのモデルでは真ん中に位置する「Z765 アイアン」。操作性と許容性を両立したキャビティバック形のアイアンだ。

Z765 アイアン(7番)●ロフト 32度 ●長さ 36.5インチ ●総重量 423グラム ●シャフト N.S.PRO 980GH DST(S)

見た目は小ぶりで抜けの良さそうな顔をしている。小ぶりではあるが、トップブレードはやや厚い。いかにも上級者向けといった感じではなく、多少の「やさしさ」を残してくれている。非常にすっきりした顔つきで、アドレスで球に集中できるのもいい。

画像: シャープな顔だが、厚みがあるのでやさしく感じる

シャープな顔だが、厚みがあるのでやさしく感じる

「マッスルバック」とまではハーフキャビティバックアイアンなのでいえないが、それでもしっかりインパクトで球の感触が手に伝わる「いい打感」をしてる。小ぶりなヘッドでもやや厚みのあるトップブレードのおかげで当たり負けしない。

多少、左右に打点が外れても、飛距離の落ち込みは少なく球も十分に上がる。マッスルバックの「Z965」は上から打ち込む必要がありそうだが、「Z765」はそこまで打ち込むという意識は必要なさそう。

画像: スウィートエリアが広くなり多少のミスがミスにならない

スウィートエリアが広くなり多少のミスがミスにならない

やわらかい打感とコンパクトなヘッドが好みという人は多いだろう。「Z765」は両方を実現してくれて、なおかつ「やさしい」。とても魅力的なアイアンだ。

動画はこちらから

画像: 全力試打!ギア王 スリクソン「Z565 ドライバー」「Z765 アイアン」 (トビーニョとトビスコ) youtu.be

全力試打!ギア王 スリクソン「Z565 ドライバー」「Z765 アイアン」 (トビーニョとトビスコ)

youtu.be
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.