月刊ゴルフダイジェスト9月号では、年に1度の名物企画である「D-1グランプリ2016」を掲載しています。みんなのゴルフダイジェストでは、本誌では詳しく掲載できなかった戦いの模様をお伝えします。

今回ご紹介するのは、Dブロック1回戦の「ピン・G SFテック」「ピン・G LSテック」の同メーカー対決です。

テスター3人をご紹介!

画像: ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

「D-1グランプリ」計測ルール

・各テスターの10球中ベスト3球の平均飛距離を算出する
・クラブスペックは9.5度・純正Sシャフト。(9.5度がないものは、9度、10度で対応)
・調整機能付きモデルはノーマルポジションで試打
・1ヤード以内はプレーオフ(決勝のみ)

「ピン」対「ピン」の兄弟対決

Dブロック1回戦はピン「G SFテック」対ピン「G LSテック」というGシリーズ対決に注目が集まりました。

ピンのGシリーズの中でも、「G SFテック」はつかまりに長けたモデル。スライサーでも真っすぐ飛ぶという特性をもっています。対する「G LSテック」は低スピンでドローンと飛んでいくのが特徴です。

両モデルとも重心が"長い・深い"ピンならではディープヘッドという共通点があります。「G SFテック」はロフト10度、「G LSテック」はロフト9度。これがどう戦いに影響を与えるのか、結果は・・・

画像1: 「ピン」対「ピン」の兄弟対決

さすが、つかまりに特化したモデル!「G SFテック」から放たれた打球はドロー系の高弾道で飛んでいきます。また試打した3人ともその"やさしさ"に納得の様子。

画像2: 「ピン」対「ピン」の兄弟対決

かたや「G LSテック」は、強いライナー系の弾道。スピンが少なく、ランでも距離を稼いでいきます。"叩ける"というのもこのモデルの良さです。

「G SFテック」が236.5ヤード(試打した3人の平均飛距離)を記録したのに対して、「G LSテック」が244.7ヤード。兄弟対決の軍配は「G LSテック」に上がりました。

「G SFテック」は高弾道で強い球が飛んでいたのですが、ライナー弾道で飛ばす「G LSテック」の方がランを稼いでいました。その差がそのまま総飛距離に影響したのです。

現場スタッフの目

同じピンのGシリーズでも、試打者の弾道に明確な違いがあったのが印象的でした。勝利した「G LSテック」は、ライナー弾道で"前に"飛んでいくモデルです。球が上がりすぎてしまう人に合うのではないでしょうか。

兄弟対決を制した「G LSテック」がこの後どうなったのか。月刊ゴルフダイジェスト9月号で掲載しています。

バックナンバーは↓↓↓

HONMA

This article is a sponsored article by
''.