アダムの魔法のアプローチ、今回は一番オーソドックスなアプローチ。ピッチ&ランを教えてもらいました。以前スピンをかけるアプローチでも習った通り、ハンドファーストは禁物です。

アプローチといえば「左足体重でボールを右に置いて上から打て」と習いましたが、アダムはバウンスを活かしたシンプルな打ち方をしています。 アダムが教えるピッチ&ランは“ライを選ばない”もっともやさしい打ち方。アマチュアの方も是非参考にしていただきたいですね。

ボールの位置はスタンスの真ん中

「球を右に置くとヘッドが鋭角に入りすぎるのでスタンスの真ん中が正解」。 シャフトは地面と垂直 、フェースは真っすぐターゲットを向ける。

画像: ボールの位置はスタンスの真ん中

 アプローチというと左足体重で上から打てというレッスンが多いですが、じつはクラブ的観点から見るとそちらの方が難しい。というのもリーディングエッジが刺さってダフりやすいからです。アダムのように真ん中で構えパターに近い感覚で打った方がソールが滑るので球をやさしく拾えます。

コックは使わない

テークバックでコックを入れると「上から打ち込みやすく」ダフりの原因に。「肩のストロークで手を胸の前にキープ。クラブをなるべく平らに振る意識だとバウンスが使えて確率が高くなる」とアダム。

フェース面と左手甲を目標に向け、この2つの面を常に連動させる。ハンドファーストに構えるとリーディングエッジが刺さりやすい。手を真ん中に置くことでソールが滑って球も拾いやすくなる。

上から打ち込もうとかボールだけを拾おうなど余計なことは考えず「クラブをシャローに上げて下ろすだけ」

目安としては左腕とクラブが一直線になるとハンドファーストになりすぎ。アダムのようにシャフトと両腕をYの字にして構えるとバウンスが活きてきます。
オーガスタはフェアウェイでもボールが沈みます。そういう薄いライでは上から鋭角的に打つよりシャローに振った方がソールが滑るので、多少手前からヘッドを入れても球を拾うことができます。つまりバウンスが活かせるということ。マスターズの勝因のひとつは間違いなくこのアプローチです。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.