月刊ゴルフダイジェスト9月号では、年に1度の名物企画である「D-1グランプリ2016」を掲載しています。みんなのゴルフダイジェストでは、本誌では詳しく掲載できなかった戦いの模様をお伝えします。

今回ご紹介するのは、Cブロック2回戦「ブリヂストン・JGR」「ダンロップスポーツ・ゼクシオナイン Miyazaki」の対決です。

テスター3人をご紹介!

画像: ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

「D-1グランプリ」計測ルール

・各テスターの10球中ベスト3球の平均飛距離を算出する
・クラブスペックは9.5度・純正Sシャフト。(9.5度がないものは、9度、10度で対応)
・調整機能付きモデルはノーマルポジションで試打
・1ヤード以内はプレーオフ(決勝のみ)

国内屈指の人気を誇る2本が激突!

画像1: 国内屈指の人気を誇る2本が激突!

Cブロック2回戦はブリヂストン「JGR」とダンロップスポーツ「ゼクシオナイン Miyazaki」の試合となりました。

「JGR」はやさしくつかまるのが特徴のドライバー。1回戦では”やさしく上がる”キャロウェイ「ビッグバーサベータ」を破り、2回戦に進出。初戦で見せたハイドローはその後の飛躍を大いに感じさせるものでした。

対する「ゼクシオナイン Miyazaki」は、もはや"国民的”ともいっていい大人気シリーズの9代目。トータルでやさしいのが特徴です。このMiyazakiモデルは、ゼクシオに"アスリート”の要素を加えた「叩ける」タイプです。1回戦では、ミズノ「MPクラフト513」を退けての2回戦進出となりました。

やさしくつかまる「JGR」か?トータルでやさしい「ゼクシオナイン Miyazaki」か?結果は・・・

勝又プロ曰く、「JGRのつかまり性能に慣れてきた」とばっちりアジャスト。大きなドローを放ち飛距離を稼ぎます。純正シャフトとのバランスもいい様子。飛び方にも"力強さ”があります!

画像2: 国内屈指の人気を誇る2本が激突!

対する「ゼクシオナイン Miyazaki」は持ち前のやさしさでグングン距離を伸ばしていきます!「しっかり振れる」(横田プロ)というほど、Miyazakiシャフトは男子プロのヘッドスピードにもしっかり対応。「ゼクシオ」の新たな強みが好記録を予感させます!

画像3: 国内屈指の人気を誇る2本が激突!

結果は256.7ヤード(試打した3人の平均飛距離)を記録した「JGR」が、254.4ヤードを記録した「ゼクシオナイン Miyazaki」をわずか1.2ヤード差で破りました。

両者ともに打ち出だしが高いのが特徴でしたが、ドローボールの「JGR」の方がランの飛距離で上回りました。本来「ゼクシオナイン」もつかまりやすいモデルでしたが、Miyazakiシャフトはしっかり目。女子プロ2名にとっては、「JGR」の方がつかまえやすく距離を稼いでいました。

現場スタッフの目

「JGR」の高い打ち出しと、頂点から左に切れていく"美しい弾道”が印象的でした。とにかく「つかまる」ので、スライスに悩むゴルファーには合うのではないでしょうか。

バックナンバーは↓↓↓

「JGR」がベスト4進出!この後どうなったのかは、月刊ゴルフダイジェスト9月号をご覧くださいご覧ください。

画像: 今年のぶっ飛びドライバーを探せ!『D-1グランプリ2016』 www.youtube.com

今年のぶっ飛びドライバーを探せ!『D-1グランプリ2016』

www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.