日本にはない魅力溢れるコースが世界にはたくさんあります。そんな世界中のゴルフ場の魅力を紹介する【地球カントリークラブ】。第一回はマレーシアの名門コースKLGCCです。

マレーシアでトップクラスの名門コース

クアラルンプールゴルフ&カントリークラブ。略してKLGCCは、米ツアー、米女子ツアー、欧州、アジアツアー等、毎年多くの試合を開催しています。200コース以上あるマレーシアのゴルフ場のなかでもトップ3に入る名門コースです。

画像: クラブハウスにも趣がある

クラブハウスにも趣がある

招待試合のCIMBクラッシック・マレーシアオープン等の男子ツアーが開催され、頭脳プレーヤーコースとも言われている「ウェストコース(オーシャンコース)」。また、サイアムダービーLPGA等の米女子ツアーの開催コースとしても使用される「イーストコース(フォレストコース)」。全36ホールとも世界レベルのコースを持つマレーシア屈指のトーナメントコースです。

画像: イーストコース

イーストコース

クアラルンプール市内から車で約30分。クアラルンプールの中心部にあります。ロビン・ネルソンとロドニー・ライトの共同設計によるこのコース。上級者には1打1打の正確性を、初心者にはチャレンジングな選択を迫る難ホールも多いですが、すべてのゴルファーが楽しめるコースレイアウトになっています。

画像: 大きな砲台グリーン

大きな砲台グリーン

当然のごとく 世界のゴルフ場トップ100 に選出され、アジアではベストゴルフ場等、多くの賞を受賞しているというのだから、世界中のゴルファーにとって魅力的なコースであるのは間違いなさそうです。

海外へのゴルフ旅に興味はある方、もっといろいろなコースを知りたい方は下記もチェックしてみてください。きっと皆さんの知らない世界をのぞき見することが出来ますよ!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.