【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」
あなたのスウィングここがダメ!

木村友栄プロが、アマチュアゴルファーのお悩みを3つのポイントでわかりやすくレッスンしてくれます!

画像: 木村 友栄(きむら ともはる) 通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

画像: 【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」 あなたのスウィングここがダメ!

今回は秋山信一さん。秋山さんは、「ドローヒッターで右からしか攻められないので、ホールによってはどうしても難しくなってしまう。フェードボールの打ち方を教えて欲しい」とのお悩みでした。早速、秋山さんのお悩みをキムトモのレッスンで解決!POINT3つを紹介します。

POINT1
対角線上にティアップ、フェアウェイを広く使おう

画像: POINT1 対角線上にティアップ、フェアウェイを広く使おう

ドロー一辺倒でゴルフをしていた秋山さん。ホールによっては右に障害物があり上手く攻略できていませんでした。右に障害物があるとボールの着地点はフェアウェイ左サイドからラフになっていたとのこと。フェードボールを打ちたいとキムトモの門を叩きました。

やはり、ドローの球筋で打っていたので、ティアップの位置がティマークの左寄りになっていました。フェードボールを打つには、左から右に曲がりますのでティアップの位置は真ん中から右側にしましょう。今までの立ち方とすべて逆に考えることになりますので、思い切って目線を変えることが大切です。

POINT2
ティアップを低くしてボールを左目に置く

画像1: POINT2 ティアップを低くしてボールを左目に置く
画像2: POINT2 ティアップを低くしてボールを左目に置く

ドローボールとフェードボールではスウィング軌道、入射角に違いがあります。今までのドロー打ちではインサイドアウトの軌道で打つためにボールはスタンスの真ん中寄りにセットされていました。フェードボールの 軌道はストレートに入ってきてインパクト後は飛球線の左に抜けていく軌道 が必要になります。

そのためには、 ボールの位置は左寄り に置きます。クラブの軌道は飛球線に対してストレートに入ってインパクト後インサイドに入る緩やかな弧を描きます。ボールの位置によって軌道のどこで当たるかを、ある程度コントロールできます。右に置けばインサイド・アウトの軌道で当たることになりますし、左に置けばアウトサイド・インの軌道で当たることになります。

POINT3
ストレートからダウンブロー気味に打つ

画像: POINT3 ストレートからダウンブロー気味に打つ

ボールを左に置いたことで、ストレートからインサイドに入る軌道で打てる準備は整いました。しかし、それだけでは足りません。ティアップされたボールに対しての入射角を考えましょう。今までのドローボールではボールにドロー回転をかけるためにインサイドからややアッパーブローで打っていました。

フェードボールの入射角はレベルかややダウンブローを意識しましょう。そうすると、ボールの位置に対してストレートから左へ抜ける軌道になります。そのために、キムトモは ティアップを低くする ことを教えてくれました。少し低めにティアップすればレベルからややダウンブローの入射角を確保できます。

このアウトサイド・インの軌道や入射角が強すぎると、ボールの曲がりが大きくなったりスピン量が増えて吹き上がったりしてしまいます。ボールの位置を左右に変えて練習してみましょう。大切のなはボールの位置と入射角の関係です。しっかりイメージして練習してみてくださいね。

動画はコチラ

画像: ㊵フェードボールを打ちたい!低めにティアップして球を左に置こう「キムトモのわかりました」 youtu.be

㊵フェードボールを打ちたい!低めにティアップして球を左に置こう「キムトモのわかりました」

youtu.be

好評連載中の「木村友栄のわかりました!」や新製品の記者発表など、500本以上の動画が無料で観放題!

画像: GOLFDIGESTTV www.youtube.com

GOLFDIGESTTV

www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.