月刊ゴルフダイジェスト9月号では、年に1度の名物企画である「D-1グランプリ2016」を掲載しています。みんなのゴルフダイジェストでは、本誌では詳しく掲載できなかった戦いの模様をお伝えします。

これまで本誌で詳しく掲載できなかったベスト16、ベスト8の試合をご紹介しましたが、今回の試合で最後。ご紹介するのは、Dブロック2回戦「ピン ・G LSテック」「グローブライド・オノフKURO」の対決です。

テスター3人をご紹介!

画像: ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

ボールはナイキ・レジンツアー プラチナムを使用

「D-1グランプリ」計測ルール

・各テスターの10球中ベスト3球の平均飛距離を算出する
・クラブスペックは9.5度・純正Sシャフト。(9.5度がないものは、9度、10度で対応)
・調整機能付きモデルはノーマルポジションで試打
・1ヤード以内はプレーオフ(決勝のみ)

Gの“重い球”か?KUROの“強い球”か?

画像1: Gの“重い球”か?KUROの“強い球”か?

Dブロック2回戦はピン「G LSテック」とグローブライド「オノフKURO」の試合となりました。

「G LSテック」は、1回戦で「G SFテック」とのピン兄弟対決を制して勝ち上がってきました。重心が“長い・深い”というピンならではの重ヘッド。放たれる打球も“重たい”のが特徴です。

対する「オノフKURO」は、1回戦でテーラーメイド「M2」との“日米セミアスリート対決”を制しての2回戦進出。操作性の良さが抜群で、叩いても球が吹き上がらず、“強い球”が持ち味です。

両者ともに低スピンで飛ばすタイプ。果たして結果は・・・

1回戦から「G LSテック」に好感触を持っていた様子の勝又プロ曰く、「スピンが抑えられて、球が前へ飛ぶ」と2回戦でもその飛距離に手応えを感じている様子。ロースピンのライナー弾道で真っすぐ飛んでいきます。

画像2: Gの“重い球”か?KUROの“強い球”か?

対する「オノフKURO」も負けていません!放たれた打球は、鋭い中弾道で飛んでいきます。「やっぱり操作性がいいと振れるね」(横田プロ)と、思いのままに飛んでくれるドライバーに納得の様子です。

画像3: Gの“重い球”か?KUROの“強い球”か?

結果は、「G LSテック」が251.9ヤード(試打した3人の平均飛距離)、「オノフKURO」が244.4ヤード。勝利の女神は「G LSテック」にほほえみました。

勝因はなんといっても「G LSテック」の“やさしさ”。高慣性モーメントを追求したドライバーなだけあって、ミスヒットの強さが平均飛距離を伸ばしました。打球は低スピンで重たいライナーなので、ランもよく稼いでいました。

現場スタッフの目

ドロー弾道で飛ばすドライバーが多い中、ややフェード気味のライナー弾道が新鮮な感じがしました。引っかけに悩むゴルファーにはおすすめのドライバーです。

バックナンバーは↓↓↓

これでベスト4が出揃いました。この後「G LSテック」は「JGR」との準決勝。詳しくは、月刊ゴルフダイジェスト9月号をご覧くださいご覧ください。

画像: 今年のぶっ飛びドライバーを探せ!『D-1グランプリ2016』 www.youtube.com

今年のぶっ飛びドライバーを探せ!『D-1グランプリ2016』

www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.