【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」
あなたのスウィングここがダメ!

木村友栄プロが、アマチュアゴルファーのお悩みを3つのポイントでわかりやすくレッスンしてくれます!

画像: 木村 友栄(きむら ともはる) 通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

画像: 【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」 あなたのスウィングここがダメ!

今回は秋山信一さん。秋山さんは、「フェアウェイバンカーが苦手」とのお悩みでした。秋山さんの飛距離は250ヤード前後。ちょうどその地点にフェアウェイバンカーがあることが多く、バンカーに入るとダフりやトップして1打損をしてしまうそうです。

早速、秋山さんのお悩みをキムトモのレッスンで解決!POINT3つを紹介します。

POINT1
フェアイウェイバンカーは軽いダウンブローで打つ

画像: POINT1 フェアイウェイバンカーは軽いダウンブローで打つ

フェアウェイバンカーなどの足場の悪いライの場合は、1番手大きめのクラブを持つことが重要です。大振りになるとミート率が下がって大きなミスになりがちです。アゲンストの風が吹いていたらさらに一番手上げることもあります。もう一つ、クラブを短く持つこともポイントです。短く持つことでコンパクトなバックスィングになり、ミート率を上げることができます。

インパクトはダウンブローに

画像: インパクトはダウンブローに

秋山さんは、もともとドローヒッターで少しインサイドからアッパー軌道で入るクセがありました。フェアウェイバンカーからは、芝とは違ってインパクトで少しでもダフると砂の影響で飛距離が大きく落ちます。

そのため、ややダウンブローの軌道が必要になります。インサイドからアッパー軌道だと、ボールの手前からダフリやすいこと、ダフらずに打てたとしてもトップすることが多くなります。

POINT2
アドレスは重心を高く構えよう

画像: POINT2 アドレスは重心を高く構えよう

フェアウェイバンカーの大きなミスの一つはダフって飛距離が出なくなることです。足場が悪いので重心を落としてどっしりと構えたくなりますが、少し高く構えることでダフリのミスは軽減できます。ポイント1のダウンブローの軌道は必要ですが、低く構え過ぎるのはNGです。1番手大きなクラブを選択して少し短く持てば、力まずに振れるので忘れずに。

高く構えることの利点は極端に言えばダフリよりもトップしやすい、ということです。フェアウェイバンカーはアゴが低い場合が多くトップしても距離を稼げることになります。

POINT3
インパクトよりフィニッシュに向けて振り抜こう

画像: POINT3 インパクトよりフィニッシュに向けて振り抜こう

この撮影時にはアゲンストの風が吹いていました。ダフらないようにしっかり打とうとすると、ダウンブローの入射角が強くなり過ぎて、結果的にスピン量が増え風にあおられてしまいます。

ポイント2の高く構えるアドレスをとりながら、フォローを大きくとるように意識することで、ある程度のダウンブロー軌道を確保しつつクリーンに打てるようになります。

以上のポイントを忘れずに実行すれば、フェアウェイバンカーは怖くないですよ!

動画はコチラ

画像: ㊶フェアウェイバンカーを攻略!アドレスは重心を高く構えよう「キムトモのわかりました」 youtu.be

㊶フェアウェイバンカーを攻略!アドレスは重心を高く構えよう「キムトモのわかりました」

youtu.be

好評連載中の「木村友栄のわかりました!」や新製品の記者発表など、500本以上の動画が無料で観放題!

画像: www.youtube.com
www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.