ラフからのアプローチで起きる「ダルマ落とし」。球の下をクラブがくぐってしまうこと、ありますよね。この最大の原因はヘッドアップ。順目の場合は逆目よりも簡単ではあるんですが、意外に飛び過ぎてしまったり、ダルマ落としのミスが出やすいですね。

特に順目の場合、芝の抵抗が少ないですから、深く沈んでさえいなければ割と普通に打てるんです。でも、ラフだと思ってしっかり振ると、意外に抵抗がなくてスパッと抜けてしまい、それでいてスピンは効かないのでオーバーするんでしょうね。でもこれは、事前の素振りでかなり防げるはずです

というのは伊藤涼太プロ。では、ダルマ落とし対策はどうすればいいのでしょうか?

順目の鉄則!ボールを右に置いてクラブを短く握る

ボールにクリーンにコンタクトするために、ボール位置は右寄り。芝の上に浮いて位置が高くなったボールを拾いやすいように、クラブは短く持つことが大事です。

アドレスはちょっと右体重

ちょっと右体重でフェースは開きます。右足にやや多めに体重をかけ、少しフェースを開いた分オープンスタンスで立ちます。ボールが右にあるので少しハンドファースト。

画像: ほんのちょっと右体重です

ほんのちょっと右体重です

フェースを返さずに真っすぐ振る

順目でもフェースターンの意識は不要です。ヘッドを真っすぐ動かすイメージでフォローを低くだしていきましょう!

注意!ピンが奥なら転がせば簡単!

ロフトが立ったクラブなら、順目のラフに球が浮いていても下をくぐる心配は少ないので、ピン位置が奥なら、できるだけ大きめ番手を持って転がして攻めるのが安全です。

画像: 注意!ピンが奥なら転がせば簡単!

いかがでしたか?夏ラフを制する者は夏ゴルフを制しますよ!今から練習して、初秋の一番いい時期にベストスコアを出しましょう!過去の夏ラフ記事はコチラ↓↓

写真/小林司

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.