「オンプレーン」に振る。ゴルフスウィングにおいてそれは最も重要な要素のひとつです。「オンプレーン」に振ることのメリットはたくさんあります。いつでも同じところにクラブが下りてくるため、芯でボールをとらえることができます。また再現性が高まるためにより正確なショットを打つことが可能になるのです。

しかし「オンプレーン」とはどういうことなのでしょうか?またそれをやるにはどうすればいいのでしょうか?「オンプレーンに振る」ということを言葉では理解していても、実践することはとても難しいですよね。

今回は「オンプレーン」に振るための大事なポイントを西村至央プロにレッスンしてもらいます。

画像: 西村至央プロ 伊澤利光プロのキャデイをしつつ、理論を構築。 近藤共弘プロのコーチも務めた

西村至央プロ
伊澤利光プロのキャデイをしつつ、理論を構築。
近藤共弘プロのコーチも務めた

西村プロ曰く、「オンプレーンに振るためのカギは「前傾角」にある」とのこと。まずは例として石川遼プロのスウィングを解説してもらいました。

下半身の動きが前傾角を保つ

石川遼プロのダウンスウィングとフォローの写真を比べてみると、クラブの角度が全く同じです。「オンプレーンに振るためには、大前提として、上体の前傾角を保って振る必要があります。前傾角キープというと“頭”を起き上がらせないことだと思っている人が多いですがそれは間違いです」(西村プロ)

また西村プロ曰く、「遼クンのように腰の位置を前にずらざずに回転することが大事なのです。つまり、前傾角が変わってしまう人というのは、上から持ち上がるんじゃなくて、下から押し上げてしまうわけです」とのこと。

石川遼プロは、狭い幅の中でフットワークを目いっぱい使って、腰の位置をずらさずに体を高速回転させています。それが前傾角キープにつながっているのです。まさに前傾角を下半身の動きでキープしているお手本のようなスウィングなのです。

では、前傾角を固めるためのポイントをレッスンしてもらいましょう。

ポイント① フットワークをしっかり使う

トップで右足にしっかり体重を乗せて、右足親指の付け根を中心に右足を回転させるようにして、しっかり左に体重を移し、腰を回しましょう。

ポイント② 右腰の高さをキープ

画像: 意識するのは「右腰の高さ」

意識するのは「右腰の高さ」

切り返しで、左腰が上がって、右腰が下がると、その時点でクラブが寝てしまい、インパクトで手元が浮いてしまいます。一瞬右腰が高い状態を保って切り返すことで、素早くクラブがプレーンに乗っり、そこから腰を回していくことで、腕とクラブが正しく引き下ろされるのです。

ポイント③ 手や腕の動きを抑える

体を使わずに腕でクラブを振るタイプは、クラブがプレーンから外れやすいのです。手首の動きは極力抑え、体の回転で振るようにしましょう。

画像: ポイント③ 手や腕の動きを抑える

今回スウィングを参考にさせてもらった石川プロは、「頭を止めすぎないことが前傾角を保って軸回転するコツ」と言っています。

皆さんもまずは“前傾角”を固めることからスウィングを見直してみてはいかがでしょうか。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.