打ち上げホールに来るとどうしてもプッシュアウトが出る・・・。平らなところだと上手く打てるようになってきたのに。アドレスからちょっと右肩が下がっているせいなのかな?

「アドレスで右肩が下げるのは正解ですよ!」

その声は前粟藏俊太プロ!

画像: 前粟藏俊太プロ 沖縄県石垣島出身。中学時代に『日本ジュニア』を連覇。

前粟藏俊太プロ
沖縄県石垣島出身。中学時代に『日本ジュニア』を連覇。

「プッシュアウトが出るのは、高い球を打とうという意識が強すぎるからなんです。その意識が強すぎると体が伸び上がってしまう。すると、上体は起き上がってしまいますから、ミスになるんです。アドレスで球を上げる形は完了しています。それ以上は何もしなくても球は自然に上がってくれますよ!」

画像: 傾斜に合わせてアドレスをしましょう!

傾斜に合わせてアドレスをしましょう!

肩の位置、アドレスと同じに見えませんか?

画像: 欲張るからミスになる

欲張るからミスになる

アドレスで打つ姿勢ができているのに、わざわざそれを崩している。そのまま打とう。

画像: 肩を下げすぎない

肩を下げすぎない

アドレスのポイント1
傾斜なりに目線を高くする

アドレスでは自分が打ちたい弾道をイメージすることが大切。キャリーがほしい打ち上げでは傾斜なりに目線を上げて構えるのが正解。

アドレスのポイント2
右7:左3の体重配分にする

傾斜なりに構えると自然と体重は右にかかってくる。右にかけた体重は最後まで右にしておく。左にかけると、打ち込みやすくなる。

アドレスのポイント3
ティアップをいつもより高くする

ティをいつもより高くして、高い球を打ちやすくする。アッパーブローにクラブが入り、ボールが上がる。このひと工夫が大切。

よし、アドレスでインパクトの形を作るんだな。よし、やってみよう!

インパクトのポイント1
無理やり上まで上げようとしない

右肩が下がったアドレスから、トップの位置まで体勢を崩さず持っていく。体で上げられる所まででトップは完了。手でそれ以上上げない。

インパクトのポイント2
右足1本でスウィングするイメージ

画像: 左への移動はしません

左への移動はしません

ボールを上げたいのであれば、スウィング中は右足体重のまま。クラブは下から入りボールが上がりやすくなる。体が起きないように注意。

インパクトのポイント3
右ひじを体につけてテークバックする

画像: インパクトのポイント3 右ひじを体につけてテークバックする

右ひじをつけたままクラブを引くと一体感が生まれる。大きく振ろうとすると、ひじが体から離れ、バランスの悪いスウィングになる。

右足1本、体重はずっと右だと、軸がブレない。これでプッシュアウト撲滅だ!打ち上げホールが苦手な方は、ぜひこのレッスンを試してみてくださいね!

2012年月刊ゴルフダイジェスト9月号出典

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.