グリーン上のスパイクの跡は直しましょう。ルールでは、パットの線上にあるスパイクは跡は直せませんが、カップインした後に直すことは認められています。

下の動画ではスパイクでできた傷でボールが曲がってしまいました。タッチが弱いせいもありますが、結構影響されるんです。

画像: スパイク跡 youtu.be

スパイク跡

youtu.be

傷をつける原因は主に2つ

一つは歩き方。スパイクには突起が付いているので、かかとを 引きづるように歩く と芝が痛みます。

二つ目は、打った後カップインしたか外したかの リアクション です。これはビギナーに多い行為ですが、カップに入った時の喜びのリアクションで芝を傷つけます。惜しくも入らなかった場合のリアクションは、さらに傷つけます。グリーンの芝(特にベント芝などの洋芝)は葉が軟らかいので気をつけましょうね。

パターのソールを使ってトントンとすれば、キレイに直りますよ。

画像: 傷をつける原因は主に2つ

自分でつけたスパイクの跡だけでなく、見つけたら他人のスパイク跡も直すとマナーの達人認定です!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.