輪ゴムで踏み込む力を強くしよう!

画像: 輪ゴムで踏み込む力を強くしよう!

もともとは足を速くする裏ワザだった「足に輪ゴムをはめる」ということ。実はこの方法、飛距離アップにも効果があるんです!

画像: 足に「輪ゴム」をはめるだけで飛距離が伸びた!【月刊ゴルフダイジェスト10月号は2016年8月20日(土)発売です】 youtu.be

足に「輪ゴム」をはめるだけで飛距離が伸びた!【月刊ゴルフダイジェスト10月号は2016年8月20日(土)発売です】

youtu.be

踏み込む力が強まると飛距離が伸びる

画像1: 踏み込む力が強まると飛距離が伸びる

「飛ばし屋」と呼ばれる人たちの多くは、足を使って飛ばしています。踏み込みの強いスプリンター型の足は飛ばしにも有利。踏み込む力が強い足(地面からの反発を力にできる足)とできない足は、“足裏のアーチ“で決まります。ゴルファーにも目指して欲しいのがこの足。

画像: 皆さんの足はどちらですか?

皆さんの足はどちらですか?

「輪ゴムのサポートでアーチが出来るようになりますよ!」。これまで多くにアスリートを見てきた江澤トレーナー。「足裏のアーチがバネになって、踏み込む力も強くなるんです」

画像: 女子ツアーに帯同する江澤彬トレーナー

女子ツアーに帯同する江澤彬トレーナー

画像2: 踏み込む力が強まると飛距離が伸びる

かんたん足底筋トレーニング

足裏のアーチができることで指の力が強まり、蹴る力に加え、地面をつかむ力も強力になります。飛距離と安定性は足裏が握っているんです。

ラウンド前のたった5分で“踏む力“をアップさせる方法があります。輪ゴムをかける方法に、より効果を求めるのであれば足底筋トレーニングをオススメします!

ステップ1 柔軟性を高める

足指に手の指を絡めて、グルグルと回しましょう。足首を回すというより、足指の付け根をほぐすイメージで回すと効果的です。足首の力を抜き、ゆっくり大きく回します。

画像: ステップ1 柔軟性を高める

ステップ2 足の指をパワーアップ

全ての足の指を上げて、親指からゆっくり下ろしていきます。だいたい左右20回くらい行ってください。

画像1: ステップ2 足の指をパワーアップ

足裏にアーチができることで、足の指で地面をつかめるようになり、アドレスの安定感も増します。下半身で力強く粘ることができます。

画像2: ステップ2 足の指をパワーアップ

足裏で踏ん張ることが出来れば、飛距離アップすることができます!寝る前など、自分の足の裏をチェックしてみるといいかもしれません!

続きは、月刊ゴルフダイジェスト10月号で!2016年8月20日(土)発売です!

画像: GOLFDIGESTTV www.youtube.com

GOLFDIGESTTV

www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.