【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」
あなたのスウィングここがダメ!

木村友栄プロが、アマチュアゴルファーのお悩みを3つのポイントでわかりやすくレッスンしてくれます!

画像: 木村 友栄(きむら ともはる) 通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

画像: 【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」 あなたのスウィングここがダメ!

今回は村山哲也さん。村山さんは、「ショートアイアンがフックしてしまう」とのお悩みでした。早速、村山さんのお悩みをキムトモのレッスンで解決!POINT3つを紹介します。

POINT1
ミスショットの原因はアドレスの向きをチェック

画像1: POINT1 ミスショットの原因はアドレスの向きをチェック
画像2: POINT1 ミスショットの原因はアドレスの向きをチェック

今回はショートアイアンで引っかけるクセがあるとお悩みの村山さん。左へ飛ぶのを嫌がってかなり右を向いて構えていました。この日のピンはグリーン左サイドに切られていました。グリーン左にはバンカーがあり寄せにくい状況です。そのせいもあって、右を向きすぎていたようです。

先ずはグリーンセンターを向いてスクェアに構えましょう。右を向きすぎるとスウィングで調整しようとして悪いクセがついてしまいます。

POINT2
ショートアイアンはしっかりダウンブローで打つ

画像: POINT2 ショートアイアンはしっかりダウンブローで打つ

村山さんのインパクトは、手首のタメが解けていたためにダフリやトップが出やすい形になっていました。ショートアイアンではクラブの最下点よりも手前で当たるダウンブローの軌道が必要です。最下点を過ぎてからインパクトを迎えるとフェースはスクェアから左にターンした状態でボールに当たることになります。

ダウンスウィングの切り返しで、しっかりと左に体重を移動させ手元ヘッドよりも先行したハンドファーストの形でインパクトを迎えましょう。手元を先行させてもフェースが開いてはダメです。フェースはボール向きながら降りて来るように意識しましょう。

POINT3
オーバースウィングの人はハーフスウィングで練習しよう

画像: POINT3 オーバースウィングの人はハーフスウィングで練習しよう

村山さんは9番アイアンを使用していますが、トップの位置がドライバーを打つのと同じくらいの大きさになっています。特にショートアイアンでは飛距離よりも方向性を重視したいので、大きなトップは必要ありませんね。

イメージは肩から肩までの振り幅で十分です。それでも実際に打ってみるとフルスウィング近くの大きさまで上がってしまうものです。

クラブの番手も少し余裕をもって選ぶことも大切なのです。ギリギリ届くかどうかの番手を選んでフルショットするよりは、余裕をもった番手でバランスよく振りましょう。ミート率もよくなりますし、方向性も安定するはずです。

今回のレッスンは、多くのアベレージゴルファーに当てはまるのではないでしょうか? 「肩から肩までのスウィング幅をイメージしてバランスよく振る」。このことだけでも実践していただければグリーンをとらえる確率はグッと上がるはずです。

動画はコチラ

画像: ㊷ショートアイアンがフックする!しっかりダウンブローで打っていこう「キムトモのわかりました」 youtu.be

㊷ショートアイアンがフックする!しっかりダウンブローで打っていこう「キムトモのわかりました」

youtu.be

好評連載中の「木村友栄のわかりました!」や新製品の記者発表など、500本以上の動画が無料で観放題!

画像: GOLFDIGESTTV www.youtube.com

GOLFDIGESTTV

www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.