ジェイソン・デイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、同じ先生について学んだ鳥井雄一郎コーチ。デイと同じ理論に基づいてゴルフをしている彼、鳥井雄一郎プロにジェイソン・デイみたいな飛ばしを手に入れる右手の使い方レッスンを教わった!

解説してくれるプロ

画像: 鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

鳥井雄一郎(とりい・ゆういちろう)。1983年、北海道出身。高校卒業後渡豪し、ジェイソン・デイとともにコリン・スワットンの元でゴルフを学ぶ。ゴルフスタジオジーハート・ヘッドコーチ

ハーフスウィングでチェック! フォローで右手はどう見える?

「How’s it going mate(ハウズゴーインマイ/オーストラリア英語で“お元気ですか”)?  鳥井雄一郎です。ジェイソン・デイのように飛ばすためには、右手を正しく使うことは必須条件です。特に、スライスしてしまう人は右手が正しく使えていないケースが多い。今回は、正しい右手の使い方をお教えしましょう」

「ハーフスウィングをしたとき、フォローで自分の右手がどう見えているかをチェックしてみてください。このとき、右手の甲が見えていればOK。フェースがしっかりと返せている証拠です。反対に、手のひらが見えている人は要注意。フェースを返せておらず、それがスライスの原因となっています」

「下の写真にあるように、フォローでしっかりと右手の甲が見えている状態。これが正しい右手の使い方です。ぜひこのようなカタチになるよう意識してスウィングして、ジェイソンのようなつかまった強い球を打ってください! Good Day, Mate(グダイマイ/オーストラリア英語で“またね”)!」

画像: ハーフスウィングでチェック! フォローで右手はどう見える?

フォローで右手の甲が見える。これができればつかまった球で飛ばせます

画像: ②「スライス防止のカギは右手のフォローにあった!」「鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』 youtu.be

②「スライス防止のカギは右手のフォローにあった!」「鳥井雄一郎の『ジェイソン・デイになりたいですか?』

youtu.be

関連動画はこちらから

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.