PGAツアー日本公式サイトに、興味深い記事を発見。写真家のJJ田辺氏が撮影した、PGAツアーの一風変わった「ティマーク」集だ。なんと生のパイナップルをティマークに使っている試合も⁉︎ 知られざるPGAツアーの魅力をご紹介。

画像: 2016-2017シーズンの開幕戦「セーフウェイオープン」のティマークは、ショッピングカート(Photo by JJ Tanabe) jp.pgatour.com

2016-2017シーズンの開幕戦「セーフウェイオープン」のティマークは、ショッピングカート(Photo by JJ Tanabe)

jp.pgatour.com

たとえば終わったばかりのPGAツアー2016-2017シーズンの開幕戦「セーフウェイオープン」。北米を中心に展開するスーパーマーケットチェーンが主催する大会だけに、ティマークにはショッピングカートが採用されている。もちろんミニチュアだが、クオリティが高い!

ハワイの試合では「生パイナポー」が!

中でも、プランテーションコース(ハワイ州のカパルアリゾート)で行われる「トーナメント・オブ・チャンピオンズ」のティマークは特筆ものだ。プロアマ戦でアマチュアのティグラウンドに採用されたティマーカーは、なんと本物のパイナップル。リゾート気分、お祭り気分がいやが応にも高まるというものだ。

記事中では、他にも農機具メーカーやリゾート経営会社から主催する大会のティマークが紹介されていて、それぞれ実に興味深い。ティマークといったちょっとのところにも遊び心を忘れない。さすがは世界最高峰のツアーだ。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.