レッスン用語を分かりやすく解説する月刊ゴルフダイジェストの大人気連載「レッスン用語に五里霧中」。今回のテーマは「アプローチのときの重心移動はどうしたらいい?」です!

重心は少しターゲット方向に移動させよう

画像: イラストレーター野村タケオ(左)、井上透プロコーチ(右)

イラストレーター野村タケオ(左)、井上透プロコーチ(右)

ゴルフ大好きなイラストレーター、野村タケオさんの素朴な疑問に答えてくれるのは、成田美寿々プロ、穴井詩プロらを指導している井上透プロコーチ。

野村さんは「アプローチのとき、下半身の動きはどうしたらいいんだろう?」とお悩みの様子。たしかに、アプローチって小さい動きだから、下半身は固定したほうがいいような気もするし、「小さいショット」と考えれば下半身を動かして、重心を移動させて打つほうがいいような気もする。

その疑問に対し井上プロコーチは「構えたときよりも、重心を少しターゲット方向に移動させたほうがいいですね」と即答。重心移動せず、頭を動かさずに打つのが正解というわけではないそう。でも、その感覚をどう身につければいいんだろう?「そのドリルとして、一歩前に歩き出すドリルが効果的ですよ」と井上プロコーチ。

画像1: 重心は少しターゲット方向に移動させよう

テークバックを上げたら・・・・・・

画像2: 重心は少しターゲット方向に移動させよう

一歩前に歩きだそう!

画像3: 重心は少しターゲット方向に移動させよう

野村さん、キレイに当たりましたね!

画像4: 重心は少しターゲット方向に移動させよう

「アドレスで構えた位置よりも、重心がターゲット方向に移動したところでインパクトしたい。なので、その10センチの差(ギャップ)がないのはダメなのです。動きに硬さが出るとチャックリの原因になります」(井上プロコーチ)

画像5: 重心は少しターゲット方向に移動させよう

このドリルを参考にして打ってもらえれば、ワンランク上のアプローチが打てるようになりますよ!

動画はコチラ

画像: アプローチのとき下半身は使うの?「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」 youtu.be

アプローチのとき下半身は使うの?「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」

youtu.be

動画は誌面の内容と連動して、月に2本アップされます。お楽しみに!

画像: GOLFDIGESTTV www.youtube.com

GOLFDIGESTTV

www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.