つま先上がりはコースで頻繁に出くわすライ。当たるには当たるけど、上手く打つのはカンタンじゃない! というわけで、左一軸打法を提唱する中村龍明プロに攻略のための3つのポイントを聞いてきました。

ポイント1:前傾姿勢は「浅め」

画像: 傾斜に合わせてグリップの長さを替えよう。写真のように短く握るのが基本だ

傾斜に合わせてグリップの長さを替えよう。写真のように短く握るのが基本だ

ボールと体との距離感が近く分、前傾は浅めに。ややかかと体重を意識して、グリップは短く持とう。

ポイント2:つま先上がりこそ、ボディターンで

画像: 体をしっかり回そう

体をしっかり回そう

小手先で打つとミスになる。下半身を止めずにしっかりと回転させる意識を持つこと。また、フォローでは左ひじをたたんで振り抜くことを忘れずに! 前傾を浅くする分、スウィング軌道はフラットなイメージでOKだ。

ポイント3:右を向いてフェースを開こう!

画像: スタンスの真ん中付近でフェースを開いて構える

スタンスの真ん中付近でフェースを開いて構える

球がつかまりやすいぶん、少し右を向いて構えるのがポイント。ボール位置もやや右寄り。引っかけを防ぐためにフェースを少し開こう。

アドレスでボールとの距離感をつくり、同時に左に引っけないよう工夫する。その上で、手先ではなく下半身をしっかりターンさせて、打つ。スライサーの「定位置」とも言える、右斜面のつま先上がり、これでもう怖くない!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.