ティショットで左に引っかかると、フェアウェイ左の斜面から、つま先下がりのショットを強いられる。左一軸打法を提唱する中村龍明プロによれば、ポイントは「お尻の位置」と「つま先体重」みたいだ!

お尻を落として、タテ振りショット!

画像: つま先下がりのこの場面、ついついかかとに体重をかけたくなってしまうが、つま先体重を意識しよう。

つま先下がりのこの場面、ついついかかとに体重をかけたくなってしまうが、つま先体重を意識しよう。

つま先下がりから上手く打つ最大のコツは、ひざを曲げて、お尻を少し落とし、つま先体重で構えることだ。この状況ではカラダが伸び上がった瞬間にミスになる。前傾を通常のショットより深くして、重心を低く保とう。

画像: クラブは寝かさずに立てて上げるのがポイント

クラブは寝かさずに立てて上げるのがポイント

前傾角度が深くなるためスウィングもタテ振りになる。大振りはせずに、フェースローテーションを抑えたスウィングを意識しよう!

あらかじめカラダを回しやすくしておくのもコツだ

画像: オープンスタンスに構えれば振りやすい

オープンスタンスに構えれば振りやすい

つま先下がりでは下半身を動かしにくいため、フォローでスムーズに体を回すことができるようにややオープンスタンス気味に構えておくのもコツだ。

中村龍明プロの関連レッスンはコチラ

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.