松山英樹の優勝で幕を閉じた2016年の「WGC HSBCチャンピオンズ」。世界ゴルフ選手権というだけあって、トッププレーヤーたちのスーパーショットも数多く生まれた。その中で今回は、PGAツアー日本公式サイトに掲載された、リッキー・ファウラーのスーパーショットを紹介する。

ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

画像1: ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

大会3日目、2番550ヤードのパー5。ファウラーはティショットでラフに打ち込んだが、ここからがすごかった。

画像2: ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

ラフから鋭く振り抜いたファウラー。

画像3: ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

ボールはグリーンの手前で鋭くバウンド。

画像4: ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

グリーンの傾斜を絶妙に転がっていく。

画像5: ラフから鋭く振り抜くと、ボールはピンへ一直線

ピンそば約1.2mまで寄った! この後ファウラーは、このパットを決めてイーグルを奪取。200ヤード以上残したラフからでも、迷わずピンへ打っていき、しかもピンそばにつけるのは、さすが世界の一流選手だ。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.