毎回、ツアーで活躍中のギアや話題の新製品を評価する「全力試打!ギア王」。今回は、イエローのカラーリングが目を引くフォーティーンのユーティリティ「HI-877」を全力試打。バナナのような形状のUTはどのような性能なのか? さっそく見てみよう。

通称は“877”で“バナナ”

フォーティーンから発売されている通称“バナナ(877)”と呼ばれる UT「HI-877」 。その名の通りのイエローのカラーリングで見た目はまさしくバナナ。ロフトは18度、21度、24度、27度、30度の5種類がラインナップされているが、今回は4Uに相当する24度を試打した。

「HI-877」●ロフト 24度(4番) ●シャフト FT-16i(S)●重量 354グラム ●長さ 39.5インチ

ウッド型とアイアン型の良いとこ取りしたユーテリティ

構えたときに思うのは、とにかく「座りがいい」ということ。「HI-877」はアイアン型ともウッド型とも言えないフォルムのUTだが、構えた時の見え方は完全にアイアンなので、ターゲット方向にラインを合わせやすい。

また、トップラインの黄色とフェース面の色が明確に区別されているからか、フェースが実際のサイズ以上に大きく見えて安心感がある。

画像: フェース面が大きく見えて安心感のある顔

フェース面が大きく見えて安心感のある顔

打音は少し金属音が混じるような音で打感はやや硬め。無駄なスピンがなく、強く直線的な球を打つことができる。吹き上がることはなく、ラインを出して狙い打ちできる感覚だ。

アイアン型のような見た目なので、球を上げるためには多少打ち込む必要があると思いがちだが、そのような必要はなく、広いソールを滑らせて打つと自然と球は上がる。「球の上げやすさ」という点ではウッド型UTといえる。

ユーティリティのことを海外ではハイブリッドと呼ぶが、本作はアイアン型のハイブリッドと、ウッド型のハイブリッドの、そのまたハイブリッド。ハイブリッドのハイブリッド、という印象だ。

画像: トップラインの黄色との対比で、フェースがスッキリと見える

トップラインの黄色との対比で、フェースがスッキリと見える

また、ソール幅は広いがヒール側が削られているため、地面に引っかかたり、刺さったりという心配は少なく、抜けも良さそう。このあたりは、さすがウェッジのソールを研究し尽くしているフォーティーンと言ったところか。

UTはどうしてもアイアン型かウッド型かで一長一短がある。ただこの「HI-877」は、「構えやすさ」と「ラインの出しやすさ」という点ではアイアン型ユーテリティの良さを持ち、「球の上げやすさ」と「ショットの安定感」でいえばウッド型の良さを持つ。まさにいいとこ取りのユーテリティというわけだ。

画像: ワイドソールを滑らせて打てば、球は上がる

ワイドソールを滑らせて打てば、球は上がる

真っ黄色な見た目は好き嫌いが分かれそうだが、ウッドとアイアンの中間クラブであるUT選びに悩んでいるゴルファーは一度お試しいただきたい機能的クラブだ。

動画はこちらから

画像: 全力試打!ギア王 フォーティーン「HI-877 ユーテリティ」 youtu.be

全力試打!ギア王 フォーティーン「HI-877 ユーテリティ」

youtu.be
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.