ティやマーカーグローブなどの「小物」にプロならではのこだわりを探る企画、題して「プロ小物」。今回はツアー1勝でパットの名手の竹谷佳孝プロの登場。

ボールマーカーはニュージーランドの2ドルコイン

「ボールマーカーっていろいろありますが、僕はコインを使うのが好きですね。大きさは500円玉の大きさが見やすくていいんですよ。ただちょっと”厚さ”が少し薄いんです」と取り出したのがニュージーランドの2ドルコイン。

「ニュージーランドに行ったときにお釣りでもらった2ドルコインをみて『これだ!』と思いました。色も厚さもちょうどいいんですよ。ほかに誰も使っている人がいないので間違うこともない。とくにほかのコインに比べて厚さがあるので、ラインを読むときにも見つけやすくてバッチリなんです」

画像: ニュージーランドの2ドルコインは大きさ、厚み、色も気に入っている

ニュージーランドの2ドルコインは大きさ、厚み、色も気に入っている

なるほど~。たしかに、あんまり小さいマーカーだと、グリーン上で「あれ、どこだっけ?」と見失ってしまうし、大きいマーカーだと、同伴者に目障りじゃないかな? と気を使う。細かいストレスをなくして、パッティングだけに集中する。マーカーひとつからもプロのしたたかな戦略が滲む“プロ小物”だった。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.