2017年の米女子ツアー出場権を賭けたファイナルQT(クオリファイング・トーナメント)で14位となり、見事出場権を獲得した畑岡奈紗が12月7日に帰国した。記者会見の模様をレポートしよう。

「よかったです。でも足りないところだらけです」

日本人最年少の17歳で米女子ツアーのファイナルQTを突破し、来季のほとんどの試合は出場できる見通しとなった畑岡。「よかったです。来年はシード権を獲ってできれば1勝したいです」と、まずは安堵の表情。

ただ、技術面では「まだまだ足りない」というのが率直な感想だ。技術面では「洋芝のアプローチ、下半身の強化、飛距離もあと15ヤードは伸ばしたい」と述べ、「英語を毎日15分でも30分でも勉強して少しでもできるようになりたいです」と、言語面でも課題を明確にしていた。

画像: 17歳とは思えないほど落ち着いて自分の言葉で現在の心境を話す畑岡奈紗

17歳とは思えないほど落ち着いて自分の言葉で現在の心境を話す畑岡奈紗

「将来は世界ランク1位になりたい」と目標を掲げる17歳のまなざしには一点の曇りも見られない。トレーニングや練習、試合経験を重ねたその先に、達成可能な目標として、「世界1位」を見据えているような、そんな純粋さを感じさせてくれた。史上初のアマチュア優勝を果たした日本女子オープンで見せてくれた思い切りのいいゴルフを、世界の舞台でもきっと見せてくれるだろう。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.