12月10日に名古屋松坂屋、高島屋日本橋店で、11日には小田急百貨店新宿店ハルクにて、アンパスィ商品開発アドバイザー兼イメージアイコンとしてツアーで活躍する森田理香子プロによるトークショー、サイン・撮影会が開催された。

小田急百貨店新宿店ハルクのトークショーには約40名のファンが参加。森田から直々に指導を受けられるパターレッスン会も開催された。この日、森田は限定発売のイエローのアンパスィスウェットを着用。

画像: 明るい色に笑顔が映えます

明るい色に笑顔が映えます

「アンパスィのウェアは、ストレッチがきいていて動きやすいので気に入っています。ついついパンツスタイルばかりを選んでしまうのですが、来季は少しずつ、スカートスタイルも増やしていきたいと思います。このアンパスィのウェアとともに、明るく前向きに戦う姿を2017年シーズンでも見せていきたい」と話した。

森田はアンパスィのブランド立ち上がりからイメージアイコンとして着用し、2013年には賞金女王にまでのぼりつめている。そんなトークショーの最後には2016年シーズンを振り返り、2017年の決意表明に涙するシーンも。

画像: あとは上がるだけ。そう割り切ってしっかりと前を向いていこう!

あとは上がるだけ。そう割り切ってしっかりと前を向いていこう!

「多くの人からたくさんの応援や励ましのお言葉を頂きました。特にその中でも“変えられるのは自分と未来、変えられないのは過去と他人”。この言葉が私自身に響きました。2017年は上がるしかない。メンタルも鍛えながら一歩ずつのぼっていきます」

とにかく自分と向き合う決心をしたという森田の2017年の活躍を期待したい。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.