ツアープロの母親のキャディを務めるゴルフ未経験の息子(日曜)の言葉がゴルファーの胸に突き刺さる! 伝説のゴルフ漫画『カラッと日曜』より、ゴルフを変える日曜語録を抜粋しよう。今回は、メンタルなスポーツならではの「セルフトーク」のお話。

あーあ。ミス。こんなとき、自分にどんな声をかけてますか?

画像: ドライバーショットが「どスライス」。ゴルファーならば誰でも経験ありますよね

ドライバーショットが「どスライス」。ゴルファーならば誰でも経験ありますよね

画像: 「やっぱりね」と呟くのは、母ちゃんこと“天草すみれ”。20年近くシードを守ってはいるものの最近成績がパッとしない女子プロだ

「やっぱりね」と呟くのは、母ちゃんこと“天草すみれ”。20年近くシードを守ってはいるものの最近成績がパッとしない女子プロだ

画像: ドライバーもミスし、パットも入らない。すみれは肩を落とす

ドライバーもミスし、パットも入らない。すみれは肩を落とす

「なんで自分の敵に自分がなんなきゃいけないの?」

画像: 息子、日曜はゴルフ未経験。だからこそ、素朴な疑問が出てくる

息子、日曜はゴルフ未経験。だからこそ、素朴な疑問が出てくる

ミスをして「やっぱりね、ミスをすると思ってた」。パットを外して「しょせん自分はこんなもの」。ゴルファーならつい口をついてしまうネガティブな“セルフトーク”だが、「それになんの意味があるの?」と少年キャディは問う。

画像: 「なんで自分の敵に自分がなんなきゃいけないの?」
画像: 自信がないといけないはずなのに、自分で自分に自分の自信をなくす言葉をかけていた

自信がないといけないはずなのに、自分で自分に自分の自信をなくす言葉をかけていた

ゴルファーは、ミスをするとついつい自分を責めがち。でも、自分を責めたって急に上手くなるわけじゃないし、ただ自信を失うだけ。ただでさえゴルフはメンタルが重視されるスポーツなんだから、はっきり言って百害あって一利なしだ。

言葉の前に、「ラッキー!」をつけてみよう(強引に)

画像: 「ラッキー」と思うだけで、心が軽くなる

「ラッキー」と思うだけで、心が軽くなる

画像: ミスをしても、自分を励まそう。前向きな気持ちで臨ませてくれるはず

ミスをしても、自分を励まそう。前向きな気持ちで臨ませてくれるはず

たとえばこう考えてみよう。OBや3パットを打ったらそこで試合終了。だとすれば、その一打は取り戻せない。しかし、ゴルフにそのようなルールは存在しないので、すべてのミスショットは必ずや、いつかどこかで取り返せる。

ミスをしたら、嘆く前に「ラッキー!」と口にしてみよう。その一言が、次のショットに、次のホールに、あるいは次のラウンドに、前向きな気持ちで臨ませてくれるはずだから。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.