PGAツアー日本公式サイトでは、2015-2016シーズンの「ショット・オブ・ザ・イヤー」をランキング形式で紹介している。今回は6位にランクインしたジェイソン・ダフナーのアプローチショットを紹介しよう。

岩の上から、あわやチップインバーディのスーパーアプローチ

画像1: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

スーパーショットが生まれたのは「キャリアビルダーチャレンジ」最終日の17番パー3ホール。首位をキープしていたジェイソン・ダフナーは、ティショットを放ったがグリーンをとらえられず。

画像2: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

グリーンをとらえなかったどころか、グリーン横の岩が密集するエリアにボールがこぼれた。

画像3: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

まさかの事態に、ダフナーも困惑。

画像4: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

しかし、厳しいライではあるものの、逆に岩があったからこそ池に入らず、ライもかろうじて打てる模様。

画像5: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

ダフナーがこのライから選択したのはエクスプロージョン気味のアプローチショット。

画像6: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

さすが、ナイスアウト! のみならず、ボールはコロコロとピンへ寄っていく。

画像7: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

まさか……!

画像8: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

画像9: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

残念‼ 惜しくも、カップインはならず。あわやチップインバーディのスーパーショットで、ダフナーは楽々パーセーブ。

画像10: jp.pgatour.com
jp.pgatour.com

この大会プレーオフの末、3年ぶりの優勝を決めたダフナーはこの時のショットについて、「入るかと思った」と惜しがったが、この一打が優勝に大きく貢献したことはいうまでもない。人気者のジェイソン・ダフナー、さすがのプレーでギャラリーを魅了してくれた。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.