先日行われたLPGAアワード受賞者のフォトセッションの前、畑岡がおもむろに賞金女王イ・ボミに話しかけた。世界を相手に戦っていく決心をした畑岡は女王イ・ボミと何を話したのか。

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ LPGAアワードに出ると「あー今年も終わるのかー」という実感が湧くんですが、今年の女子プロゴルフ界の大きな関心ごとといえば、彗星のごとく現れアマチュアでメジャー制覇からプロ転向をした畑岡奈紗プロと、イ・ボミプロの“5冠達成”ではないでしょうか。

LPGAアワード最後のフォトセッション前、そんな話題のふたりが話をしているところを激写! 一体どんな話をしていたのか、畑岡プロに聞いてみました。

画像: 畑岡のほうからイ・ボミに話しかけた!

畑岡のほうからイ・ボミに話しかけた!

Q:イ・ボミプロとはどんな話をしていたんですか?

「賞金女王でもあるイ・ボミさんのオフの過ごし方などが気になって聞きました。イ・ボミさんは韓国に帰って少しゆっくりすると言っていました。遊ぶこともオフの過ごし方のひとつだよと笑顔でおっしゃっていました」

Q:今日は最初から聞こうと思っていたんですか?

「はい、タイミングが合えば聞いてみようと思っていました」

Q:他にはどんな話を?

「海外で戦うためのアドバイスを頂きました。“アメリカでは、ぜひ楽しんでプレーすることを忘れないで。楽しんでいる人のほうが、長く選手生活を送っていますよ”とおっしゃっていました」

画像: ボミプロに御礼をしてその場を去った畑岡プロ

ボミプロに御礼をしてその場を去った畑岡プロ

韓国から海を渡って日本でプレーしているイ・ボミプロ。海外でプレーをすることに最初は不安も多かったことと思いますが、きっと“楽しむ”ことを忘れないように頑張ってきたのでしょうね! そのまま賞金女王にまで上り詰めた、ボミちゃんのアドバイスならきっと的確でしょう。

畑岡プロはオフは旧知の友人に会ってゆっくり過ごす予定もあるとのこと。十分に英気を養って、海外へ向けての基盤を固めてほしいです! イ・ボミプロも韓国に帰ったらゆっくり休んで、来季からまた日本でゴルフを楽しんでほしいですね。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.