カンタンそうに思えるけれど、油断するとミスが出るのが左足上がりのライ。左一軸打法を提唱する中村龍明プロによれば、左足上がりを攻略するポイントは「右脚の蹴り上げ」にあるという。

シャフトが「地球と垂直」になるように構えよう

画像: 肩のラインは右が少し下がっていてもOK。シャフトは「地球に垂直」になるように構えるのがポイント。

肩のラインは右が少し下がっていてもOK。シャフトは「地球に垂直」になるように構えるのがポイント。

まず大事なのはアドレス。右足体重で構え、体は右に傾いていい。こうすることで、斜面に逆らわずにスイングすることができる。多少フックすることを考慮してやや右方向を狙おう。

スウィング中は、左サイドの軸を保つために、右脚を蹴り上げながらクラブを下から上に振りぬくことがポイント。写真で見ていこう。

【ここがポイント!】インパクト後に右脚を「蹴る」

画像: 【ここがポイント!】インパクト後に右脚を「蹴る」

左足上がりでは構えた状態のまま右足に体重が残るとミスになりやすい。フィニッシュでしっかりと左足に体重を乗せられるよう、右脚を蹴りあげていこう。

やさしいと思われがちな左足上がりのライも、ヘッドが地面に刺さってしまったりショートして距離感がつかめなかったりなど、意外とミスが出るもの。「右脚の蹴り」で左足に体重を乗せられれば、ミスを防げるのだ。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.