ゴルフは風によって結果を大きく左右されるが、プロはその影響を最小限に抑えるため意図的に「低い球」を打つ。今回はルーク・ドナルドに「風に負けない低い球の打ち方」を教えてもらおう。

ボールを強く叩くのではなく、払うように打つ

アマチュアの多くは、トップを抑えて強くボールを叩くようにして低い球を打とうとするが、これは大きな間違いであるとルークは指摘する。

「球を強く叩くと、スピンがかかって逆に吹き上がってしまうから逆効果なんだ。引っぱたくのではなく払うように軽く打つ。これが低い球を打つためのキーポイントなんだ」(ルーク・ドナルド、以下同)。

画像: 上から叩きつけるのではなく、払うようにボールを打とう

上から叩きつけるのではなく、払うようにボールを打とう

軽く打つとは、ダラダラ振るという意味ではなく無駄をなくすということ

「払うように軽く打つんだけど、ダラダラ振るという意味ではないよ。無駄な動きを抑えてシンプルな回転でフォローまで振り切るんだ。そのときに大事なのは、通常よりも1番手大きめのクラブを持って、ボール位置も中に入れる。短く持つことも忘れずにね」。

画像: 通常のショットよりもボールを中に入れて、グリップは短く持つ

通常のショットよりもボールを中に入れて、グリップは短く持つ

体重移動を少なめにして、左に振り切ろう

「準備ができたら、あとは通常のショットと同じように打つ。だけど体重移動は少なめにしたい。通常のショットはバックスウィングで右に移した体重をダウンスウィングで左に移すけど、低い球を打つときはその移動を極力なくすんだ」。

「体の真ん中に重心を置いて、左に振り抜くイメージがグッド。外(右)に振ってしまうと体から腕が離れてわきが開いて正確に球をとらえられない。左に振ると腕と体が一致して、体重が乗った低くて強い球が打てるんだ」。

画像: ヘッドを外に出すのは、NG

ヘッドを外に出すのは、NG

低い球を打つために「球を中に入れて、クラブを短く持つ」というのは、よくいわれること。ルークは加えて、体重移動を少なくして、左に振るというポイントを教えてくれた。早速練習場で試してみよう‼

※月刊ゴルフダイジェスト2012年10月号より

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.