それはある日のラウンドのこと。ナイスショットを放ったAさんに対し、同伴者のBさんとCさんがこう叫んだ。「ナイッショー!」(Bさん)「グッショー!」(Cさん)。ナイッショー! が一般的だが、最近はグッショー! もよく聞く。その割合はどれくらいなのだろうか。気になったので、アンケートを実施!

よく、「日本ではナイッショー! が一般的だけど、英語ではナイスショットとは言わない。むしろグッドショット、すなわちグッショー! が一般的だし、正しいんだよ」などと言われるが、ここは日本。どちらを使うもお好みだ。強いて言えば、ナイッショー! のほうが明るく楽しいイメージで、グッショー! のほうが渋くて通好みのイメージだろうか。さて、そろそろアンケート!

ナイスショットの掛け声、あなたはどっち?

  • やっぱり定番はこっちでしょ。「ナイッショー!」
  • こっちのほうが“本気”っぽいよね。「グッショー!」
  • いやいや、日本人なんだから日本語だ。「いい球〜!」
  • やっぱり定番はこっちでしょ。「ナイッショー!」
    52
    1169
  • こっちのほうが“本気”っぽいよね。「グッショー!」
    43
    960
  • いやいや、日本人なんだから日本語だ。「いい球〜!」
    5
    104
画像: 同伴者がナイスショット! あなたはなんと声をかけますか?

同伴者がナイスショット! あなたはなんと声をかけますか?

いずれにせよ、同伴者の好結果を素直に称えることがなにより大事! 気持ちよく声を掛け合って、楽しいゴルフの1日を過ごそう。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.