冬の間、女子プロたちはオフシーズン。彼女たちはその期間どんなトレーニングをしているのだろうか。過去に女子プロたちが行っていた“オフトレ”を一挙に公開しよう。

トレーニング器具を用いて基礎体力作り イ・ボミ

まずは今年2年連続賞金女王を決めたイ・ボミのトレーニング風景だ。

画像: 器具を使って、腹筋など主に体幹を鍛えるイ・ボミ

器具を使って、腹筋など主に体幹を鍛えるイ・ボミ

この写真は2013年のオフシーズンに撮られたもの。翌年の2014年は賞金ランク7位から3位にランクアップ、2015年から2年連続賞金女王と確実に成績を上げているのは、こういったオフトレーニングの賜物かもしれない。

テニスラケット2本でボールを挟んで素振り 松森彩夏

続いて、今年ツアー初優勝を果たした松森彩夏のトレーニングは一風変わって、2本のラケットでボールを挟んで素振りをしている。

画像: 2本のテニスラケットで挟んだボールを落とさないように素振りを行う

2本のテニスラケットで挟んだボールを落とさないように素振りを行う

これは2016年のオフシーズンに撮られたものだが、このトレーニングは「手打ちを直すメニュー」だという。2016年に初優勝を挙げた背景には、このような地味なトレーニングが隠されていた。

ボルダリングトレーニング 藤田光里

何も素振りや筋トレだけがゴルフトレーニングではない。藤田光里はトレーニングにボルダリングを取り入れていた。

画像: ここ数年で流行り出したボルダリングを藤田はトレーニングに取り入れていた

ここ数年で流行り出したボルダリングを藤田はトレーニングに取り入れていた

写真は2014年のオフシーズンに撮られたもの。ボルダリングはバランス感覚を養うのに適したトレーニングだ。石川遼はスキーをオフトレの定番としていたが、このように他種目をオフトレに取り入れる選手も少なくない。

ジムで作り上げる強靭なスウィング テレサ・ルー

女子プロでも屈指のスウィンガーとしても知られるテレサ・ルー。そのきれいなスウィングは、母国・台湾のジムで作られていた。

画像: ジムで鍛えることで体力面だけでなく精神面も鍛えることができると、テレサ・ルーは話す

ジムで鍛えることで体力面だけでなく精神面も鍛えることができると、テレサ・ルーは話す

テレサ・ルーは写真のような基本的な筋トレだけでなく、跳躍力やフットワークなど、ゴルフに必要となる様々な筋肉を鍛えていた(2015年撮影)。

筋トレ大好き‼ 山村彩恵

最後は、身長155センチと小柄ながらツアーでもトップクラスの飛距離を誇る山村彩恵。その飛距離を支えるのは、筋トレによって作られた強靭な肉体だ。

画像: この強靭な肉体がトップクラスの飛距離を生んでいる

この強靭な肉体がトップクラスの飛距離を生んでいる

オフは、自身が所属する江連忠ゴルフアカデミーの仲間とともに筋力トレーニングを行う山村だが、率先してみんなを引っ張るのが彼女だという。筋トレだけでなく、元々硬いという体をほぐすため、ストレッチも入念に行うという。

各プロとも、長いシーズンを戦い抜く基礎体力作りを重点的に行っているのが分かる。女子ツアーは、男子よりも開幕が約一カ月早く、ここ数年は試合数も増えたため、オフの体力強化は非常に大切。彼女たちにとっての新シーズンは、すでに始まっているのかもしれない。

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.