関東、中部、関西の三つのエリアで年間27試合が開催された「チームGDミニツアー2016」。ポイントランク上位者だけが出場できる「ツアー選手権」が2016年11月29、30日の2日間に渡って浜松シーサイドGC(静岡県)で行われた。優勝者にはハワイ州アマチュアゴルフ選手権への参戦というビッグな特典が授与される。延べ755名の頂点に立ったのは?

ポイントランク上位者だけが出場できる「ツアー選手権」

画像: この季節の浜松シーサイドGCは風が強く難しい

この季節の浜松シーサイドGCは風が強く難しい

チームGDミニツアーは週刊ゴルフダイジェスト・月刊ゴルフダイジェスト・チョイスの読者を対象に関東・中部・関西の3つのエリアでスプリング・サマー・オータムの各シリーズを3戦ずつ、合計27試合が開催される競技。「ツアー選手権」は各シリーズのポイント3名までが出場できる狭き門、勝ち上がった24名の精鋭が読者NO.1の座とハワイ州アマ出場を争った。

画像: 各エリアから選ばれた精鋭たちが優勝を目指して戦った

各エリアから選ばれた精鋭たちが優勝を目指して戦った

荒川義治選手が連覇を達成!

初日からトップを譲らずに、完全優勝で連覇を達成したのは、中部から出場の荒川義治選手。それでも、この時季の浜松シーサイドGCは風が強く、曲げると林から出すだけになってしまう厳しいコンディション。初日はその強風の影響でパットが決まらずに苦労した荒川選手だったが、松山英樹のパッティングにヒントを得たというアドレスとテンポを思い出し、見事にパットを復調させ優勝を手にした。

画像: 松山英樹のパッティングにヒントを得てパットが復調した荒川義治選手

松山英樹のパッティングにヒントを得てパットが復調した荒川義治選手

画像: 最終ホールで荒川選手と2位の大村宗志選手は熱い握手を交わした。初日のリードを守ったまま5打差で優勝

最終ホールで荒川選手と2位の大村宗志選手は熱い握手を交わした。初日のリードを守ったまま5打差で優勝

ハワイ州アマ出場権ゲット「今年はどうしても出たかったんです」

画像: 見事「読者NO.1」の称号と「ハワイ州アマ出場権」を獲得!

見事「読者NO.1」の称号と「ハワイ州アマ出場権」を獲得!

「2015年は優勝はできましたが、日程が合わずに『ハワイ州アマ選手権』には出場できませんでした。もう一度優勝してハワイに行こうと強い気持ちで臨みました。2017年3月の試合に向け、しっかり練習してまずは予選通過を目指します」(荒川選手)

アンダーハンディ部門の優勝は小野寺秀勝選手

11月30日(水)に同時に行われた「アンダーハンディ部門」で優勝したのは小野寺秀勝選手。なんでも、少し前にドライバーを変えたところ曲がらずに飛ぶようになって絶好調に。見事、イーブンパー(ネット)にまとめて優勝を手に入れた。

画像: アンダーハンディ部門優勝の小野寺秀勝選手

アンダーハンディ部門優勝の小野寺秀勝選手

画像: ゴルフダイジェスト読者NO.1を決める『チームGDミニツアー2016』が浜松シーサイドGCで開催! youtu.be

ゴルフダイジェスト読者NO.1を決める『チームGDミニツアー2016』が浜松シーサイドGCで開催!

youtu.be

「チームGDミニツアー」は2017年に「リーダーズ選手権」として生まれ変わり、詳細は2017年1月21日発売の月刊ゴルフダイジェスト3月号にて告知予定。アマチュアゴルファーが気軽に真剣勝負を楽しめる機会はなかなかない。一度参加してみると楽しいですよ!

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.