2016年「日本アマ」を制した大阪学院大4年の亀代順哉。2017シーズンからプロの試合に出場する彼だが、驚くべきはその飛距離。身長167センチと小柄だが、平均飛距離は300ヤード超。松山、石川に続く、日本ゴルフ界の救世主となるだろうか。

強靭で柔軟な下半身を駆使し、ボール初速はマキロイ級の「80m/s」

”亀ちゃん”こと亀代順哉の強みは何といっても豪快なスウィング。強靭なだけでなく、しなやかさも兼ね備えた柔軟な下半身を土台に振り切るスウィングは迫力満点。スウィングデータ計測器でドライバーショットを測ったところ、ボール初速は80m/sを超えた。この数字はマキロイのドライバーショットに匹敵する。まずはそのスウィングをご覧あれ。

ワイドスタンスで力感たっぷりの若々しいスウィングだ。一体どうやって飛ばしているのか? 飛ばしのコツを聞いてみた。

飛ばしのコツ1 わき腹の上アタリで回転をリード

切り返しからダウンスウィングは体の左サイドでリードしているという。「意識するのは左の肩甲骨からわき腹の上。ここを左にグッと回して、クラブを引き下してくるイメージですね」(亀代、以下同)。

画像: あばら骨左側でリードしてクラブを下す

あばら骨左側でリードしてクラブを下す

飛ばしのコツ2 お尻と太ももで回転を支える

バックスウィングでは右のお尻と右ももの内側、切り返し以降は左のお尻と左ももの内側でパワーを受け止めているという。「パワーが逃げないようにスウェイには注意しています」。

画像: パワーの源はやはり下半身

パワーの源はやはり下半身

飛ばしのコツ3 両脇は締めて腕が上向きなイメージ

アドレスで両ひじの内側を上(正面)に向け、その向きが変わらないようにスウィングしているという。「ひじの内側をずっと上に向けることで、フェースの向きも変わりにくくなります」。

画像: この動きはフェースの向きが変わりにくいため、方向性も安定する

この動きはフェースの向きが変わりにくいため、方向性も安定する

2016年の「東建ホームメイトカップ」で6位に入り、その豪快なドライバーショットに多くのプロが驚いたという亀代。大学を卒業する2017シーズンから本格的にプロの世界に飛び込む。どんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

月刊ゴルフダイジェスト2017年2月号では彼の驚くべきトレーニングメニューなども詳しく掲載している。日本ゴルフ界のニュースター候補、今のうちからチェックすべし!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.