「左の壁ができれば、スライスしない」。ゴルフをはじめたばかりの頃に聞いた記憶のある言葉だが、どうにも実感できない。そこで、左一軸打法を提唱する中村龍明プロにボールをつかまえる左の壁が「自然にできちゃう」練習法を教えてもらった!

右足を一歩引き、つま先立ちで振ってみよう。

画像: 右足を後ろに引いて、つま先立ち。体重はゆるやかにひざを曲げた左足にほぼすべて乗った状態だ。この状態でテークバックし、左ひざを伸ばしながら打ってみよう。

右足を後ろに引いて、つま先立ち。体重はゆるやかにひざを曲げた左足にほぼすべて乗った状態だ。この状態でテークバックし、左ひざを伸ばしながら打ってみよう。

やることはカンタン。体重を左足に乗せたままテークバックして、インパクトで左ひざをピーンと伸ばす。たったこれだけで、「左軸=左の壁」を作ることができる。左の壁ができるということは、カラダが開かず、つかまったボールを打てるということだ。「右足一歩引きつま先立ちドリル」試さない手はないですぞ!

<プラスワンポイント>グラつかない範囲で振ろう

画像: グラつかずに振れただろうか?

グラつかずに振れただろうか?

振り幅は体がグラつかない範囲。グラつかずに振れたなら、それは正しいスウィング軸、すなわち左の壁ができている証拠だ。

<もう一声!>右腕を伸ばしながら打ってみよう

画像: さらに腕の意識も持ってみよう

さらに腕の意識も持ってみよう

ダウンスウィングからフォローにかけて左ひざを伸ばすわけだが、そのとき右腕を一緒に伸ばすと、さらにボールをつかまえられる。腕の意識も持てれば、さらに効果的! これなら、誰でも練習できそうですね!

HONMA

This article is a sponsored article by
''.