“ウェアを1枚重ねるごとに飛距離が10ヤード損なわれる”――この事実を知らないゴルファーも多いのではないだろうか。冬ゴルフの基本スタイルは、「なるべく薄着で体を冷やさないこと」。そのためには、アンダーウェアの存在が大きくものを言う。ゴルファーの、ゴルファーによるゴルファーのためのアンダーウェアをサイクリングウェア界を席巻する「reric(レリック)」、「FPSエナジーブレス by Tripure」、日下部光隆プロで共同開発したぞ!

ゴルファーの新常識「ウェア+1枚=飛距離‐10ヤード」

画像: 細部までこだわったデザインで下着っぽさを感じさせない

細部までこだわったデザインで下着っぽさを感じさせない

このトリプルコラボ ゴルフ専用高機能アンダーウェアは、サイクリングウェア界で名をはせる「reric(レリック)」と最先端のスポーツテクノロジーを誇る「FPSエナジーブレス by Tripure」、さらにツアー3勝をマークした日下部光隆プロがタッグを組んで開発した最上級の1枚なのだ。

最先端のテクノロジーを搭載した機能ウェア

画像: ゴルファーの動きを考えて配置されたシリコンプリント

ゴルファーの動きを考えて配置されたシリコンプリント

世界中のアスリートに愛用されるTripure(トリピュア)は、十数種類の天然鉱石をナノレベルに加工し、様々な素材に練り込むことができる。背面部にこのTripureテクノロジー素材を使用しているため、腰と首の稼働域を自然に強化してくれる。

さらにreric(レリック)による独自のシリコンプリントは、テクノロジー生地の伸縮によって発電するため、スポーツテーピング効果が期待でき、その適度な着圧が疲れを軽減してくれる働きも。

画像: 裏起毛の生地を使用。真冬でも寒さを感じない

裏起毛の生地を使用。真冬でも寒さを感じない

着るだけで暖かくて可動域が広がり、さらには軸を安定させてくれる「トリプルコラボの高機能アンダーウェア」。価格は1万5,120円(税別)。メンズだけでなくレディスもご用意しているので要チェックだ。※週刊ゴルフダイジェスト1/24号より

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.