先日2017年のPGAツアー初戦「SBSトーナメントofチャンピオンズ」が終了したが、公式戦としては久々の試合だっただけに選手たちの新たなギアに注目が集まった。その詳細がPGAツアー日本公式サイトに掲載されているので、紹介しよう。

ジミー・ウォーカーが42インチドライバーを使用

2016年「全米プロ」王者ジミー・ウォーカーは、以前使用していたドライバー(ロフト角8.5度のタイトリスト『917D2』)をヘッドはそのままにシャフトが今までより2インチ(5センチ)短い、42インチのもの(アルディラ『ローグ125MSI 80X』)に差し替えた。

画像: ジミー・ウォーカーはそれまで使用した44インチのシャフトから42インチのものに変更した(写真は2016年『ワールドカップ 』のときのもの)

ジミー・ウォーカーはそれまで使用した44インチのシャフトから42インチのものに変更した(写真は2016年『ワールドカップ 』のときのもの)

「今までは、フェアウェイキープ率は50%程度だった。60%に上げられるのか試したいんだ。短くしたドライバーを試合で使ってみたかったし、効果があるのか知りたかった。結果は、あまり飛距離が短くなることはなかった。飛距離を犠牲にすることなく、コントロールを向上できると分かったんだ。すべては、コントロールのためだ」(ジミー・ウォーカー)

2015-2016シーズンのフェアウェイキープ率は48.31%で185人中183位だったウォーカーだが、今大会ではフェアウェイキープ率を71.67%とし、全体20位の好成績を収めた。短いシャフトが功を奏したというわけだ。

松山英樹はアイアンをスリクソン「Z965」にスイッチ

昨秋から絶好調の松山英樹は、快進撃を支えたアイアン、スリクソン「Z 945」から、その後継モデルの「Z 965」に変更した。

画像: 昨年まで松山英樹はスリクソン「Z 945」アイアンを使用していた

昨年まで松山英樹はスリクソン「Z 945」アイアンを使用していた

スリクソン「Z 965」アイアンは、昨年「ヒーロー・ワールドチャレンジ」での勝利の後にテストを始め、今大会で実践初投入。パーオン率は86.11%(全体3位タイ)とした。

デイ、バッバなど大物選手たちも続々新たなギアで登場

他にも、今季新たにナイキとアパレル契約をしたジェイソン・デイは、テーラーメイドの新「M1」ウッドや「プロトタイプ」アイアン、「TP5x」ボールをバッグに入れ、セッティングの全面見直しを図った。

またバッバ・ワトソンは新たに契約したボルビック「S4」ボールを初めて実戦で使用。2017年、新たなギアとともに選手たちの戦いが始まった!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.