全米で大人気のパターが満を持して日本に初上陸した。ヘッドのボディとフェースの間に特殊素材をインサートしたおかげで、芯を外しても距離が出て、タッチを合わせやすいのが特徴だが……ヘッドのカラーリングが3色あるのは、いったい何で?

特殊素材「サーモティックポリマー」をインサート。3種類から硬さをチョイス

画像: インサートされた「サーモティックポリマー」はクリアで見た目も美しい

インサートされた「サーモティックポリマー」はクリアで見た目も美しい

ヘッドのボディとフェースの間に特殊素材「サーモティックポリマー」をインサートすることで、減衰振動をおさえ打感を向上し、芯を外した時でも狙った距離が出せる上、タッチを合わせやすいのがこの「SENTIO SIERRA101 LINEパター」の特徴だ。

さらにこのパターのすごい点は、多くのゴルファーテストを経て、3種類の硬さの違うヘッド【ソフト(緑)、ミディアム(赤)、ファーム(青)】を用意しているため、いろんなタイプのゴルファーに対応できる点。色違いは、硬さ違いということ。

My Golf Spy.com(USのゴルフ用品評価サイト)で、オデッセイやスコッティキャメロン、ピンといった名だたる名器たちに並んで、ブレードパター部門でトップ10入りを達成するなど、いま人気急上昇中でもある。

オーソドックスなトウ&ヒールバランスタイプだから使いやすい

パター形状は、オーソドックスなトウ&ヒールバランスのタイプ。すべて1本1本手間をかけて削り出しているため、その漂う重厚感や構えやすい安心感に満足するゴルファーも多いだろう。

画像: カラフルなインサートが目印となり、ターゲットに構えやすい

カラフルなインサートが目印となり、ターゲットに構えやすい

画像: 削り出しのフェースが、繊細なフィーリングを生み出してくれる

削り出しのフェースが、繊細なフィーリングを生み出してくれる

日本初上陸のこちらのパター。“絶対的エース”を探しているなら、選択肢に入れていい。価格は3万9800円(税込)。硬さは3種類から選ぶことができる。詳細は週刊ゴルフダイジェスト「別注商品コラボリアン!」をチェック!

HONMA

This article is a sponsored article by
''.