独自かつわかりやすい飛距離アップレッスンに定評のある“雑巾王子”こと武市悦宏プロ。独自に編み出した「ツイスト打法」で、1年間で300ヤードまで飛距離アップに成功。飛ばすためには当然インパクトでボールへしっかりパワーを伝えなければならない。そのために絶対に必要なことはボールをつかまえる動きを覚えること。飛距離UPに直結するこの動きをまずは覚えよう!

フェースは閉じながら打たないと飛ばない

飛距離を伸ばすために絶対に必要な動きとはなにか。それはスウィング中に「フェースを開いて閉じる」動き。つまり、フェースターンをしなければ決して飛ばないのだ。でもなぜフェースを返さないと飛ばないのか。

画像: #5『飛距離に直結ボールのつかまえ方』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 - YouTube youtu.be

#5『飛距離に直結ボールのつかまえ方』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 - YouTube

youtu.be

理由は2点。1つ目はゴルフクラブの性質上、フェースが開きやすい構造だから。2つ目はインパクト時の衝撃でフェースが開きやすくなるからだ。

この2点を踏まえるとフェースは積極的に返さないとインパクトでフェースが開いてパワーがボールに伝わらない。結果スライスボールとなり飛距離がでないというわけだ。

左手甲をボールに向けながらダウンスウィング

ではどのようにフェースターンを行えばいいのか。ポイントは1つ。ダウンスウィングのとき左手甲をボールに向けながら振り下ろすだけ。

飛距離が出ないほとんどの人はインパクトでフェースを真っすぐ当てようとしているが、それではフェースが開いてしまう。左手甲を思い切り下に向け、フェースをターンさせるのがボールをつかまえて飛ばすためのコツなのだ。

画像: ダウンで左手甲をボールに向ける意識があると自然とフェースターンができる

ダウンで左手甲をボールに向ける意識があると自然とフェースターンができる

「飛ばない人のほとんどがインパクトで左ひじが引けています。ダウンで左手甲をボールに向ける意識を持つと、ヘッドが体の近い部分を通るので、自然とフェースターンが行えます。これくらい極端な意識を持っていればボールがつかまるので、スライスが直るのはもちろん、憧れのドローとなり飛距離がグンと伸びますよ」(武市プロ)

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.