飛距離アップレッスンと破天荒なキャラクターで人気の“雑巾王子”こと武市悦宏プロ。武市いわく、いくら体格がよくて筋力があっても、パフォーマンスを発揮するには土台となるアドレスが重要とのこと。というわけで、クラブが速く振れて飛距離を伸ばせるアドレスをアドバイス!

ジャンプして重たい荷物を持ってみる!? 飛距離が伸びるアドレスの作り方

クラブを速く振りやすくするアドレスを作るには2段階があるという武市プロ。

画像: #6『飛距離が伸びるアドレスの作り方』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#6『飛距離が伸びるアドレスの作り方』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

まず1つ目が縄跳びをして着地したときの足の裏に感じる重心の位置。その重心点を意識して構えること。大まかにいうと左右の拇趾球あたりに重心がかかる感じになる。するとひざも柔らかく使え、しなやかなスウィングへとつながる。

2つ目は、重心点を意識して構えたところから両腕をダラッと真下にたらした地点でグリップをする。なぜなら、重たいモノを持ち上げるとき、両肩から真下に腕を下ろした状態が一番力が入りやすいからだ。インパクトで当たり負けしないためにもアドレスでの手元の位置はとても重要である。

固まったアドレスはパフォーマンスを下げる

よく背中を一枚板のように真っすぐにして構えたり、尻を突き出して構える人がいるが、それでは体が固まってしまいスムーズに体が動かないという。すなわち、クラブを速く振れるわけがないのだ。

画像: キャディバッグなど重いモノを持ち上げて、どのような態勢が適しているか感じ取ろう

キャディバッグなど重いモノを持ち上げて、どのような態勢が適しているか感じ取ろう

「ゴルフは止まったボールを打つスポーツですが、卓球やボクシングのように左右へ俊敏に動けるステップワークが絶対に必要です。速く動ける体勢でなければ、クラブは速く振れるわけがありません。そのために縄跳びでジャンプして重心点を感じたり、重たい荷物を持ち上げられる体勢がどのようか形なのかを感じ取ることが大切です。形だけ意識したアドレスではスウィングにブレーキをかけることになるので、リラックスして俊敏に動けるポイントを探して、そこを意識しながらアドレスしてみてください」(武市)

HONMA

This article is a sponsored article by
''.