雑巾王子”こと武市悦宏プロによれば、下半身の力を上手く利用できるか否かによって飛距離に大きな違いが生まれるという。「脚を使う」とはよく聞くが、どのように使うのが正解なのか。答えは「右足かかと」にあった!

右かかとはインパクトまでベタ足キープ!

ゴルフスウィングにおいて脚の使い方は重要。特に右脚の使い方次第で飛距離に大きな差が生まれる。

画像: #7『飛距離を伸ばす、脚を強く使う方法』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#7『飛距離を伸ばす、脚を強く使う方法』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

ほとんどのゴルファーは、トップからダウンスウィングに入りクラブを振り下ろす際、右のかかとを上げてしまうと武市プロ。しかしこの動きをすると、インパクトで手元が浮いてしまい、振り遅れる。結果、フェースが開いてボールにパワーが伝えられなくなるのだ。

そうならないために、インパクトまでは右かかとは絶対に地面に着けたままにしておくことが重要となる。これがボールにしっかりパワーを伝え、飛距離を伸ばす大切なポイントである。

右ベタ足が“ツイスト”につながってくる

インパクトで右かかとを蹴り上げたほうがパワーを出せると思いがちだが、パワーを伝えるためにはベタ足のほうが断然よい、という武市プロ。それは右かかとを上げずに踏ん張る動きによって、上半身と下半身が反作用を起こす“ツイスト”が生まれるからだ。

踏ん張るポイントがわかれば必ず飛ぶ

「“脚を使って打つ”というとダウンからインパクトにかけて右足を蹴り上げて腰をターンさせるというイメージですが、本当はフォローまで腕をしっかり振っても足元がフラつかないように踏ん張るという意味です。動き自体は難しくはないのですが、意識していないと絶対にできません。なぜなら、普通に動くと上半身の動きにつられてしまうからです。しかし、本当の意味での“脚を使う”、つまり踏ん張ることができれば、インパクトでパワーを爆発させるために重要な“ツイスト”につながります。飛距離アップにはベタ足は絶対条件なのでぜひ試してみてください」(武市)

HONMA

This article is a sponsored article by
''.