2017年9月7日に開幕した“日本女子プロ”を初日トップタイでホールアウトした柏原明日架は、「球の先1メートルを打つこと」がドライバーのスピン量を減らして飛ばすコツだと話す。飛ばし屋・柏原に、飛距離アップの秘訣を教えてもらおう!

ボールの先を振るイメージだと、自然にアッパー軌道になる

スピン量が多めの柏原は計測器を使いながらスピン量を落とすスウィング作りを行なっている。

「大事なことはエネルギーを効率よくボールに伝えることです。そのために私が意識している動きが左に体重移動をさせながら重心は右に残すこと。

ボールを打ちにいこうとすると、上半身から突っ込むインパクトになります。右サイドに重心を残すとヘッドをシャローに入れることができる。すると、ヘッドは最下点を体の正面で迎えて、その後アッパー軌道を描きながらボールにコンタクトできるわけです。だから私はボールの先1メートルでヘッドを最大に加速させるイメージを持っているんです」(柏原)

画像: 先をイメージすることでややアッパーに入ってくる

先をイメージすることでややアッパーに入ってくる

ポイントは左股関節に体重を感じること。テークバックでは体の左サイドに意識を持たせておく。ダウンスウィングの時に左の腰から左ももがお尻で引っ張られるように動かすと下半身主導でクラブを自然に下ろせる。

画像: 左のお尻側に腰を開くように使うことで、懐ができる。重心は右サイドに残っているので低い位置からヘッドを入れて、長いフォローを作り出せる

左のお尻側に腰を開くように使うことで、懐ができる。重心は右サイドに残っているので低い位置からヘッドを入れて、長いフォローを作り出せる

また、クラブを体に引きつけることもポイントだ。低スピン&高打ち出しを確保するにはしっかりと球をつかまえる必要がある。前傾角度をキープさせて、手元を体に引きつけるように動かす意識を持とう。

ヘッドスピードの割りに飛んでないと感じたら、その原因は多すぎるスピン量にあるのかもしれない。ボールの先を振る意識でスウィングすれば、プラス20ヤードも夢じゃない!

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2017年9/12号より)

HONMA

This article is a sponsored article by
''.