これまで大勢のプロに「生まれ変わったらなにになりたい?」または「なりたかった職業は?」という質問を投げかけてきた。子供の頃からの夢を叶えた人々だから当然「プロゴルファー」という答えが大半を占めるが、なかには興味深い答えも多々。「安室奈美恵の●●●●」と答えたのは誰?

「生まれ変わったら安室奈美恵のバックダンサーをやりたい」(近藤)

来年9月での電撃引退を発表した安室奈美恵。彼女の大ファンを公言するのがツアー6勝の近藤共弘だ。安室と同じ77年生まれの40歳。

「生まれ変わったら? 安室ちゃんのバックダンサーやりたいなぁ。彼女のライブすごいんですよ。カッコよくて本当に大好き」と瞳を輝かせる。普段クールなイメージの近藤が破顔一笑、“安室ちゃん”の魅力を語りまくる。引退発表を受け“アムロス”が心配されるレベルだ。

画像: 普段はクールなイメージだが、“安室ちゃん”の魅力を語り出すと止まらない

普段はクールなイメージだが、“安室ちゃん”の魅力を語り出すと止まらない

なかには「なりたい」のではなく「ならなくてはならないのかな?」と苦悩した選手もいる。2014年の賞金王・小田孔明がその人。プロテストを受けたときかかった費用を姉に援助してもらったが、そのときの条件が厳しかった。

「姉が自衛隊員なんです。で、もし1回でプロテストに通らなかったら自衛隊に入りなさい、っていわれたんです。せっかくゴルフで頑張ってきて、これでダメだったら自衛隊かぁ、と思ったら本当に切実でした」(小田)

海外の選手たちはどうか? 先ごろ来日したトム・ワトソンの答えが面白い。「小さい頃からなりたかったのは外科医だけれど本音はアーノルド・パーマー(笑)だね」

アーニー・エルスは「弁護士」。ニック・プライスは「パイロット」。カリスマコーチのデビッド・レッドベターは「獣医」になりたかったのだとか。

女子プロではカリー・ウェブが「ポリスウーマン(婦警)」と答えている。さらにあのローラ・デービースの夢が「スチュワーデス(フライトアテンダント)」だったというから意外(失礼!)だ。

実は彼女には「セベ(バレステロス)と結婚したかった」という夢もあった。女子プロ界きっての飛ばし屋の中身は誰よりも乙女なのだ。

ゴルフ界は秋の宴たけなわ。「ソフトクリーム屋さんも良いかな」とチャーミングなセリフを放った、まだ優勝のない永野竜太郎にも頑張ってもらいたい。

写真/岡沢裕行

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.