2017年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンと日本女子オープンに2週連続で優勝し、あらゆる最年少記録を更新した畑岡奈紗。そんな畑岡を靴の中で支えているというのがインソール(中敷き)だ。普段は見えないところだけに、一体どのような効果があるのか聞いてみた。

インソールで何が変わる?

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ 日本女子オープンの練習日に畑岡奈紗プロがバネというメーカーのインソールを持って練習場に現れたのを発見。プロゴルファーだけではなく、現役で活躍しているプロスポーツ選手がひっそりと足の中に忍ばせているというインソールってそんなに重要なの? そのバネを販売しているウィニングワンの代表・広瀬勇人さんに話を聞いてみました。

M子:日本女子オープンの練習日に畑岡選手がインソールを持っているところを見たのですが、畑岡選手に使ってもらうことになった経緯を教えてください。

画像: 代表の広瀬勇人さん

代表の広瀬勇人さん

広瀬さん:たしか昨年(2016年11月)のTOTOジャパンクラシックのときからだったと思います。ほかの選手が使っているというのを聞きインソールに興味を持たれていたのでお渡ししました。畑岡選手の他にも、片山晋呉選手、森田遥選手、佐伯三貴選手、宮里美香選手など多くの選手に使っていただいています。

M子:インソールを使うと何がいいんでしょうか?

広瀬さん:骨格が歪んでしまうと自分が本来持つ力を100%使うことが難しく、とくにアスリートの方々はそれが顕著に現れます。このインソールを使うことによって、骨格を正しい位置に配し、その人が持つ最大のパワーを使うことができるようになります。

画像: この薄いインソールを1枚入れるだけでパフォーマンスが違うという

この薄いインソールを1枚入れるだけでパフォーマンスが違うという

M子:ゴルフにおいては具体的には?

広瀬さん:足のアーチを適切に支えることで、横にブレにくくなりますね。軸が安定するということです。軸が安定すると可動域が広がります。結果、スウィングがスムーズになり球が飛んだり、難しいライの地面でも踏ん張れたり、疲れにくくなったりするわけです。

とのことでした。インソール、恐るべしですね。選手によってはゴルフシューズだけでなく普段履く靴にも必ず入れているそうです。普段から使い続けることで、正しい姿勢をキープしやすくなったり、美脚効果や足の悩みにも効果があるとか! これは気になります……。

体の不調にお悩みの方は、一度インソールを試してみてはいかがでしょうか?

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.