ゴルファーならば、「我が子をプロに!」と思う人も少なくないだろう。では、実際のところどうやったら子どもをプロにすることができるのだろうか? 米国留学歴を持ち、ジュニアゴルファーへの指導経験も豊富な中井学プロに聞いた。

【その1】お父さんが「教えない」

日本の現状を見ていると、子どもがプロになれるかどうかは、本人の資質に加えて親(保護者)の資質に依存してしまっているように感じます。極端なことを言えば、親が教えるのが下手だったら、子どもはプロになれる可能性が低くなってしまう、あるいは遠回りをすることになってしまうわけです。

アメリカの場合、子どもはまずコーチに預けられます。ゴルフを教えるのが専門のプロの元で基礎から技術を学ぶことは、先々子ども才能を開花させる一番の方法だと思います。

【その2】なるべくコースでゴルフを覚えさせる

ゴルフは基本的にカップの近くから覚えたほうがいい。まずはパター、アプローチ、そこからショットへと進んでいくのが正しいやり方です。日本では環境を整えるのがまず大変なのですが、アメリカの場合、子どもたちはいきなりゴルフコースに連れて行かれ、そこでゴルフを覚えます。プレーしなくとも、グリーン周りでアプローチやパターで遊ぶ。絶対的な小技の感覚は、そのような遊びの中で身につけられるんです。

【その3】長所を伸ばす≒個性を消さない

たとえばフィル・ミケルソンは右利きですが、お父さんのゴルフスウィングを目の前で真似しているうちに、『左打ち』になったそうです。また、たとえばダスティン・ジョンソンは超がつくほどのシャットフェース(フェースを開かない打ち方)でスウィングします。

画像: アマチュア時代のミケルソン。このスウィングは、父のスウィングを正面から見て真似ることで形作られた

アマチュア時代のミケルソン。このスウィングは、父のスウィングを正面から見て真似ることで形作られた

これらはセオリーからは外れているかもしれませんが、彼らの個性であり、それが長所にもつながっています。長所を伸ばすとは、個性を消さないことでもあるんです。

【その4】他スポーツを経験させる

アメリカのスポーツはシーズン制。たとえばゴルフのシーズン、アメフトのシーズン、バスケットボールのシーズンなど、競技ごとに試合が開催されるシーズンは決まっています。なので、ゴルフが専門のジュニアも、シーズンオフには他のスポーツに触れられる環境があるのです。

たとえば殿堂入りプレーヤーのヘール・アーウィンは大学時代、フットボールでオールアメリカンに選出され、同時にゴルフの全米学生選手権でも優勝を果たしています。必ずしも、ゴルフだけをやらせるのが上達の近道ではないのです。僕自身アメリカ留学時代にフットボールを経験しましたが、あのボールの投げ方はゴルフの腕の使い方に通じるヒントがあります。

ゴルフしかしていないと、ゴルフに行き詰まった時に逃げ場がありません。他のスポーツを経験することで、基礎体力の向上だけでなく、ゴルフに役立つヒントが必ずや得られると思います。

【その5】スコアを叱らない

これがもっとも大切なことですが、子どものスコアを叱らないことです。100を打つのは悪いことでは当然ながらまったくないし、70を切ったからといって人格的に優れていることの証明にはなりません。それなのに、いいスコアを出せば褒め、悪いスコアを出せば叱る、といったことをすると、子どもはスコアのことしか考えなくなり、やがてゴルフを好きじゃなくなったり、スコアをごまかしたりするようになる危険性もあります。

無論、ルール違反やマナー違反は叱るべきです。約束を破ったり、学校での勉強をおろそかにした時も叱っていいでしょう。しかし、“上手い・下手”や、スコアの“いい・悪い”を叱るのは絶対にやめてください。

画像: やりたい! 上達したい! という子どもの気持ちを後押しするのが一番、なのかも

やりたい! 上達したい! という子どもの気持ちを後押しするのが一番、なのかも

子どもになにかを強制するのではなく、子ども意欲を伸ばすサポートをし、環境を整える。当たり前のことですが、それが一番の“近道”ではないでしょうか。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.