日米女子ツアーの共催競技「TOTOジャパンクラシック」が2017年11月3日に幕を開ける。世界のトップ選手が日本に集結するとあって優勝争いに注目の集まる試合だが、もうひとつ注目したいのが世界基準の練習法だ。現在女子ゴルフの世界ランキング1位のユ・ソヨン、元1位リディア・コを始め、世界のトップランカーが練習場で集中して行っていたのは、ちょっと意外な練習だった。

ピンポイントの目標に向かってひたすら打つ

こんにちは! バンキシャM子です。さて2017年11月3日から行われるTOTOジャパンクラシック。女子ゴルフの世界トップランカーが熱戦を繰り広げるということもあり、多くのギャラリーが集まりそうですね。

2017年11月1日現在世界ランク1位のユ・ソヨン、昨年のTOTOジャパンクラシック覇者のフォン・シャンシャン、リディア・コやミッシェル・ウィ、ギャラリーへの“神対応”で名高いチョン・インジも出場。日本じゃなかなかお目にかかれない面々がそろいます。

さて、そんなTOTOジャパンクラシックの練習日、練習場では少し不思議な光景が。トップランカーたちがみんな同じ練習に励んでいたのです。その練習というのがこちら。

画像: リディア・コもやっていた

リディア・コもやっていた

キャディが距離を測りながら、練習場の端にヘッドカバーなど目標となるものを置いていきます。だいたい100ヤード以内。近い距離の目標から順番にそれに向かって打つ、という距離感の練習法です。実際にその目標にダイレクトにボールを当てたりしていて、そのショットの正確さはさすが世界のトッププレーヤー。

リディア・コは30、40、50ヤードほどでした。

この練習について、みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修に聞いてみました。

画像: ユ・ソヨンはひたすらこの練習に時間を割いていました

ユ・ソヨンはひたすらこの練習に時間を割いていました

「スコアメークに直結する練習ですよね。パー5で3打目を寄せる、パー4でティショットがトラブルになったときに3打目を寄せてパーをセーブする……しびれる場面ほど、正確な距離の打ち分けが重要になりますから。そしてもうひとつ。こういった、小さな振り幅にはスウィングの重要な要素が詰まっているんです。距離感を確認しつつ、スウィングも整えているのでしょう」

とのこと。明日から始まる世界のトッププレーヤーたちの熱戦。世界1位のユ・ソヨン、そして元世界1位のリディア・コが、短いアプローチをピタッと寄せる場面があれば、それはこの練習の成果かも。そんなシーンを直に見に、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.