2015年にプロテストに合格し、2016年に賞金ランキング46位になりシードを獲得、2017年の賞金ランキングを31位とし、ランクアップしながら2年目の賞金シードを守り抜いた辻梨恵。さらなるステップアップが期待される辻に、2017年の自分を褒めてあげたいところと、もう少し頑張れたところを聞いてみた。

こんにちは! バンキシャM子です。毎年年末に行われるプロギアの一大ファンイベント「チームプロギアスペシャルラウンド」。これは、プロギアが主催するアマチュア競技「プロギアRSカップ」の上位者と、抽選で選ばれた幸運な方々が完全無料にて招待される夢のようなラウンド。プロギアの契約プロと3ホールずつ必ずラウンドでき、プロからのアドバイスなどももらえてしまうというイベントなのです。

そんな中、2015年にプロテストに合格し、今回チームプロギアスペシャルラウンドが2回目だという辻梨恵プロがみんなのゴルフダイジェストのインタビューに答えてくれました。

M子:辻プロ、お疲れ様です。寒いですね。

辻:すごく寒いですが、アマチュアのみなさんと回れて楽しいですね。私はこのイベントはまだ2回目なのですが、みなさんお上手でびっくりします。

画像: イベントを楽しむ辻梨恵

イベントを楽しむ辻梨恵

M子:昨年初めて賞金シードに入って、順位も上げた2年目の2017年ですが、自分で自分を褒めてあげたい部分はありますか?

辻:褒めてあげたいところですか……。そうですね、最後まで諦めないプレーができたというところでしょうか。

M子:最後まで諦めないというのは?

辻:2017年は、マンシング(マンシングウェアレディース東海クラシック)で最終日・最終組で優勝争いに加われたのですが、前半崩してしまいました。そんなときでも諦めないという気持ちを強く持って、後半で追い上げることができました。他の大会で予選通過がギリギリなときにも、最後まで諦めずに予選通過をすることができたということが多かったです。

M子:なるほど。逆にもう少し強化することができたかなという部分はありますか?

辻:やはりショートゲームですね。アプローチ・パターの精度をもっとあげないといけないなと思いました。

M子:オフの間は合宿に?

辻:アメリカとタイに行きます。クリスマスもトレーニングです(笑)。

とのことでした。2018年はランキングをさらにアップさせ、大王製紙エリエールレディスオープンまでに優勝、もしくは賞金ランキング25位以内に入って、女子ツアーの最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で辻プロのプレーが見られるのを楽しみにしましょう。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.