フェイスブックやツイッター、インスタグラムなど、すっかりおなじみとなったSNS。もちろん女子プロ界でも流行っているのだが、その中でも2017年に流行ったのは「インスタライブ」だというのは青木瀬令奈。自身もSNSを使い情報発信をしている青木が語ったSNSでのやり取りとは?

こんにちは! バンキシャM子です。2017年もあとわずか。そんな師走にゴルフダイジェスト本社に出向いてくれた青木瀬令奈プロに、2017年に女子プロ界で流行ったことを聞いてみました。

M子:青木プロ、年末のお忙しいところありがとうございます。早速ですが、2017年の女子ゴルフ界で流行したものがあれば教えてください。

青木:そうですね、インスタ……というか、インスタライブじゃないですか?

※インスタ=インスタグラム。写真や短時間動画を共有するSNSのひとつで、インスタライブというのは、その場で撮っている動画をリアルタイムで発信することができるサービス。

M子:インスタグラムといえば、女子プロだけでなく男子プロもやっているイメージですね。片山晋呉プロや小平智プロとか。

青木:そうですね。インスタライブは私もたまにやっていましたが、女子プロ界で言うと、笠りつ子さんがよくやっているイメージでした。

画像: 「ゼクシオ テン、飛びますよ!」とPRしてくれた

「ゼクシオ テン、飛びますよ!」とPRしてくれた

M子:笠プロのインスタライブは私もよく見ていました。インスタもそうですが、最近青木プロは「サラハ」をやっていますよね? 多くの人のゴルフのお悩みなどに分かりやすいようにかなりの長文で答えてくれているのが印象的です。サラハをやり始めたきっかけは?

※サラハ=URLを公開している人に匿名でメッセージを送れるサービス。青木プロは、送られてきた質問にかなり丁寧に回答している

青木:金田久美子さんや、三ヶ島かなさんがやっているのを見て、楽しそうだから私もやってみようと思って。匿名ということで賛否両論あると思いますし、難しいですよね。でも、多くの人が抱えている疑問が直接届くし直接返せるというのは私はいいと思います。

M子:多い時でどれくらい質問がくるんですか?

青木:多い時で300くらいきたことがあります。でも、みなさんの質問に答えるのは私好きでやっているので全然苦にならないんです。空いた時間でできちゃうし。ぜひ送ってみてください(笑)。

ゴルフで行き詰った際には、青木プロに質問してみては? そんな青木プロの2018年の目標は「複数回優勝」。ぜひ応援メッセージも!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.