モノが売れない時代と言われて久しいが、意外なヒット作が多いのが、ゴルフギアの世界。ゴルフライターが、2017年の売れ筋動向を分析。例年とは違う傾向があることがわかった!

2017年、売れ筋クラブの流れが変わった!

2017年のゴルフクラブ販売ランキングが集計された。昨年、もっとも売れたドライバーは、キャロウェイの「GBB エピックスター」だ。同じシリーズの「GBBエピック サブゼロ」も4位にランクインし、“エピック”旋風が吹き荒れた年だった。

「GBB エピック」は、現代のドライバーらしい低スピンの強い弾道に、方向性の良さも加わり、多くのゴルファーが結果を出せる仕上がりが魅力だ。そして、何といってもヘッド内に立てられた二本の柱、“ジェイルブレイクテクノロジー”と、契約プロが登場する試打動画が、何かやってくれそうな、これまでとは違う期待感を醸成した。良い意味でゴルファーの期待感を煽り、その期待に応える性能があった。

 2位には、テーラーメイドの「M2」(2017年モデル)が入った。記憶に新しい、セルヒオ・ガルシアのマスターズ初勝利の際、手にしていたドライバーだ。ガルシアをはじめ、ダスティン・ジョンソンやジェイソン・デイなど、テーラーメイドの契約プロは、毎年、苦もなく新モデルにスイッチして結果を出している。ガルシアは、今季からテーラーメイドを離れ、契約先がキャロウェイになったが、昨年の「M2」人気は、ガルシアの感動的なメジャー初優勝が追い風になったはずだ。

画像: 大ヒットとなったGBBエピック(左)とM2(右)

大ヒットとなったGBBエピック(左)とM2(右)

5位のブリヂストン「ツアーB JGR」と10位のピン「G400」は、秋口に発売されたにも関わらず、年間ランキングに入るほど、爆発的に人気を得たドライバーだ。

「ツアーB JGR」は、つかまりがよく、スライサーが大いに飛ばせるモデル。「G400」は、宮里優作と鈴木愛という、男女の賞金ランキング1位が使用していたことや、尾崎将司が使ったことでも話題になった。男女が同じように愛用できるバランスの良さは、アマチュアゴルファーにも評価されている。この2モデルは、2018年も引き続き人気になるだろう。

2017年は、ここ数年にはなかった動きもあった。6位のテーラーメイド「M2」(2016年モデル)以外は、すべて現行モデルだという点だ。

近年は、型落ちして安価になった、いわゆるマークダウン品の人気が高い。発売後、1年から2年経つとそのモデルは大幅に値引きされて売られている。そのため、値下がりを待って買うゴルファーも少なくなく、ここ数年は、マークダウン品の販売が、全体の4割程度あった。

しかし、2017年は、コスパの高いマークダウン品よりも、最新モデルを買うゴルファーが多かった。これは、例年にない傾向だ。これまで、安価で性能的にも遜色ないマークダウン品を選んでいた人も、魅力的な最新作を積極的に購入していたというわけだ。

性能にも価格にもうるさいギアマニアも、最新クラブは購入する魅力があると判断したのだろう。その意味では、2017年に発売されたモデルは、ひきつづき“買い”だと言えそうだ

実際、12月に発売されたばかりのダンロップ「ゼクシオ テン」が記録的な勢いで売れている。2018年のドライバーは、この「ゼクシオ」を軸に、発表されたばかりのキャロウェイ「ローグ」と、PGA(米男子)ツアーでお披露目されたテーラーメイドの「M4」といった新作が中心となっていくだろう。

2017年1月〜11月の11カ月計(店頭+インターネット) 出典「全国有力ゴルフ用品取扱い店の販売実績に基づく市場規模データ/GfK Japan調べ」

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.