「ゴルフチャンネル」や「ゴルフネットワーク」などでツアーの解説をしてきたタケ小山によれば、上手くなるために一番大切なことは「見ること」だという。プロゴルファーと解説者の両方で活躍した経験からくる独自の視点を詰め込んだ著書「ゴルフは100球打つより見てなんぼ!」から、日本のゴルフ放送の雑学をご紹介しよう。

野茂投手のメジャー挑戦が日本のゴルフ界を変えた

ゴルフに限らず、スポーツイベントは生放送(ライブ)で見ることが大前提であり、それこそが最大の魅力です。しかし、日本のゴルフ中継は、つい最近まで専門の放送局がなく、地上波では新聞社やテレビ局が主催する大会でさえ、試合終了まで放送されることはありませんでした。

1980年代半ばまで、日本の国内ツアーは中継で見られても、世界最高峰の米ツアー(USPGAツアー)や、欧州ツアーを見る機会は、ほとんど皆無。唯一、米ツアーを中心とした海外ツアーの情報を得られたのは、日本テレビが放映権を買い、週末の夜に前週のトーナメントをダイジェストで放送していた『ビッグイベントゴルフ』だけでした。

そんな日本のゴルフ中継の現状を、ガラリと変えるきっかけを作ってくれたのが、実はアメリカのメジャーリーグで活躍した、野茂英雄投手なのです。

画像: 上手くなるために一番大切なことは「見ること」だと話すタケ小山

上手くなるために一番大切なことは「見ること」だと話すタケ小山

1995年、野茂投手は太平洋を渡り、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに移籍しました。

このときに、NHKが野茂投手が登板する試合をBS局で放送するために、メジャーリーグの放映権を買ったのですが、「一緒に米ツアーの放映権を買わないか?」という話になり、メジャーリーグとツアーの放映権をまとめて買うことになったのです。

ちなみに、当時のNHK会長は、奇しくも、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の名誉会長である海老沢勝二さんでした。

NHKが放映権を買ったことで、それまでは『ビッグイベントゴルフ』でしか見ることができなかった米ツアーが、ようやくライブで見られるようになりました。

野茂投手がメジャーリーグへ移籍し、その後、大活躍したことがキッカケで、次々に海を渡る選手が現れ、個人のレベルが上がり、また同時に、日本の野球全体のレベルも向上しました。

そして、ゴルフでは、日本にいながらにして、世界トップレベルのプレーがライブで見られるようになり、欧米の最先端のスウィング理論やテクニックなどが、情報として日本に入ってくるようになりました。この移籍は、野球界だけでなく、ゴルフ界にとっても、多くの財産を残してくれたといっても過言ではありません。

「ゴルフは100球打つより見てなんぼ!」(ゴルフダイジェスト新書)より

写真/姉崎正

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.